日産の「はたらくEV」、新型「e-NV200」の受注を開始 発売は本年12月を予定

日産は2018年4月19日から仕様向上した商用電気自動車(EV)「e-NV200」の注文受付を全国一斉に開始しました。なお、発売は12月を予定しているとのことです。

航続距離300kmを実現した日産のEV商用車「e-NV200」

 日産は2018年4月19日から仕様向上した商用電気自動車(EV)「e-NV200」の注文受付を全国一斉に開始しました。なお、発売は12月を予定しているとのことです。

日産 新型「e-NV200」

 日産「e-NV200」は、積載性の高さや使い勝手を重視した運転席周り、力強い加速、静粛性能を兼ね備えた商用EVです。給電機能の「パワープラグ」(100Vコンセント)を使うと、外出先で電気製品を使用できることもあり、「走る蓄電池」として、これまでビジネスシーンにおいて活躍してきました。

 仕様向上による変更点は、「40kWhの大容量バッテリーを採用」「『パワープラグ』の電力供給時間が15時間へ拡大」「バッテリーの高寿命化を実現」「大容量バッテリーでも普通充電8時間で満充電が可能」の計4点です。

 今回、40kWhの大容量バッテリーを採用したことで、航続距離300km(JC08モード)を実現。充電回数の減少につなげました。

 さらに、バッテリー容量を40kWhに増やして、1000Wでの「パワープラグ」の使用時間を、従来の約8時間から約15時間へ拡大。これにより、給電後の走行距離に余裕が生まれました。

 また、バッテリー容量の低下抑制と耐久性を向上し、バッテリーの高寿命化を実現。この結果、保証を従来の5年・10万kmから、8年・16万kmへ延長しました。

 そのほかにも、全車にパワープラグを標準装備し、地デジを内蔵した「NissanConnectナビゲーションシステム」などの利便性や操作性を向上させています。

 価格(消費税込)は、バン「GXルートバン」(2人乗)と「GX」(同)が395万4960円、「GX」(5人乗)が405万4320円、ワゴンの「G」(5人乗)が460万800円、「G」(7人乗)が476万2800円です。

【了】

日産 新型「e-NV200」詳細を写真で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事