現代の新型ニンジャとは 「Ninja400」と「Ninja250」は何が違う? カワサキ

マーチエキュート神田万世橋内の期間限定ショールームで、カワサキモータースジャパンが提案した女性向けのライフスタイル「ブラック・エレガンス」。そこでディスプレイされていたのが、新型の「Ninja400」と「Ninja250」そして初代「Ninja GPZ900R」も展示されています。

カワサキ“ニンジャ”ってナンジャ……!?

 マーチエキュート神田万世橋(東京都千代田区)内の期間限定ショールームで、カワサキモータースジャパンがレセプションパーティを開き提案した女性向けのライフスタイル「BLACK ELEGANCE(ブラック・エレガンス)」。そこでディスプレイされていたのが、新型の「Ninja400」と「Ninja250」です。

ヨーロッパ仕様「GPZ900R」、北米仕様「Ninja」

 Ninja=ニンジャ? そう、あの“忍者”なんです。最初に車名として用いられたのは、1983年のパリショーで発表された「GPZ900R」を翌84年にアメリカ市場へ投入したときです。ヨーロッパでは「GPZ900R」として発売されましたが、北米仕様では「Ninja」のネーミングを付けて販売されていました。

 欧州仕様で115PS、北米仕様で110PSというハイパワーエンジンがもたらす強力な走りで世界中に大ヒット。以来「Ninja」は、カワサキを代表するものとなったのです。

 レセプションパーティの会場には、その初代「GPZ900R Ninja」もディスプレイされていましたから、バイクファンにとっては感動モノでした。

 1986年公開のアメリカ映画「トップガン」では主演のトム・クルーズが劇中で乗っていて、日本でもフライトジャケットなどと一緒に大人気となります。

この記事の画像をもっと見る(23枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事