ホンダ、仕様装備を充実させたアドベンチャーモデル新型「CRF1000L Africa Twin」を発売

ホンダは、アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」にスロットル・バイ・ワイヤシステムなど先進装備を採用し、大型の燃料タンクなどを装備した新モデル「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」を追加し、4月2日に新販売網のHonda Dreamより発売します。

大型燃料タンクなどを装備したモデルを追加

 ホンダは、アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」にスロットル・バイ・ワイヤシステムなど先進装備を採用し、大型の燃料タンクなどを装備した新モデル「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」を追加し、4月2日に発売します。

CRF1000L Africa Twin Adventure Sports

 新型「CRF1000L Africa Twin」は、新たにスロットルグリップ開度をセンサーで検出し、ECU(エンジンの制御を電気的に行う装置)が駆動信号を送りスロットル開度をモーターにて制御するスロットル・バイ・ワイヤシステムを採用しています。

 ホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)は、7段階のトルクコントロールと、トルクコントロールを必要としないOFF状態の選択を可能とし、ライダーの好みに応じた設定の幅を拡大できる機能や、走行状況に応じてエンジンの出力特性を変更できるライディングモードセレクトの採用に加え、自動でウィンカーをキャンセルするオートキャンセルウインカーなどのを追加しています。

「CRF1000L Africa Twin」は、搭載されていたこれまでの鉛バッテリーに対し、軽量化とマスの集中化に寄与するリチウムイオンバッテリーの採用や車体各部の見直しによって車両重量の軽量化を図っています。

「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」は「CRF1000L Africa Twin」をベースに航続距離を延伸できる24Lの大型燃料タンクをはじめ、快適な高速巡行を可能とする大型ウインドスクリーンや車体へのダメージを軽減するフロントサイドパイプ、不整地での飛び石などからエンジンを保護する大型のスキッドプレートを装備し、専用サスペンションによりストローク量を伸長させることで悪路での走破性を高めています。

「CRF1000L Africa Twin」のメーカー希望小売価格は、138万2400円(消費税込み)からです。「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」のメーカー希望小売価格は、155万1960円(消費税込み)からとなります。なお、国内年間販売計画台数は、シリーズ合計800台です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事