ホンダアクセス、コンセプトカー「Re:Z」 開発デザイナーの込めた想いとは

「Modulo」や「Modulo X」を手がけるホンダアクセスは、東京オートサロン2018に、ハイブリッドスポーツカーのCR-Zをベースにした「Re:Z」を出品しました。

ホンダアクセスという会社をご存知でしょうか?

 ホンダアクセスは、ホンダ車に装着するディーラーオプション品を開発販売するホンダの関連会社で、「Modulo(モデューロ)」ブランドのカスタマイズ部品を手掛けるほか、ステップワゴンやフリードに「Modulo X」というコンプリートカーをリリースしています。

ホンダアクセスは、CR-Zをベースとしたコンセプトカー「Re:Z」を出品

 そんなホンダアクセスは、毎年東京オートサロンに車両を出展。自動車会社系列の純正用品メーカーながら、自由な発想のカスタマイズカーを制作して来場者を楽しませてくれます。

 今年のホンダアクセスブースでは「Re:Z」というモデルが注目を浴びていました。

 「Re:Z」は、ハイブリッドスポーツカーのCR-Zをベースに、大幅なモデファイを施したもの。なかでもリヤセクションはホンダの過去の名車「ホンダZ」を感じさせる大胆なデザインに驚かされます。

この記事の画像をもっと見る(16枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事