インフィニティ、「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開

2025年までにグローバル販売台数の半数以上を電動化車両にと見込んでいるインフィニティは、2018年北米自動車ショーで「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開しました。

新しいデザインの方向性を表現

 日産自動車は、2018年北米自動車ショーにおいて「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開しました。

インフィニティ「Qインスピレーションコンセプト」

「Qインスピレーションコンセプト」は、可変圧縮比エンジン「VCターボ」と自動運転技術「プロパイロット」の搭載と、人が中心に位置するインテリアデザインの採用により、豊かなドライビング体験を提案しています。

 エクステリアは、クラシックなセダンの形状ではなく、クーペライクな外観と細長いシルエットにより、ダイナミックで自信に溢れる明確かつ簡潔なラインを特徴とし、先進パワートレインの時代のためのインフィニティの新しいデザイン言語を表現しています。

コンパクトなエンジンの搭載により広々とした室内空間を確保

 インテリアは、無駄を削ぎ落とし、クリーンで簡素なデザインとしドライバーと乗客に静けさと快適性をもたらしています。

「Qインスピレーション」に搭載されている「VCターボ」エンジンは、既存のエンジンに比べ軽量でコンパクトなサイズのためデザインの自由度をより向上させ、広々としたキャビン空間を実現しました。

量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」

「VCターボ」エンジンは、ピストンが往復する際の最上位置を複数変化させることで圧縮比を自在に変化させ、最適なパワーと効率を提供し、ターボチャージャー付きガソリンエンジンのパワーと、ディーゼルやハイブリッドエンジンの特徴である高い効率性を両立させます。

 搭載されている「プロパイロット」機能は、渋滞走行や巡航走行といった、ドライバーがストレスを感じる環境で車が運転を支援します。

 インフィニティグローバルディビジョン理事のクリスチャン ムニエは、
「プレミアムセダンセグメントは保守的になっていると感じます。インフィニティの『Qインスピレーションコンセプト』はモダンなデザインと新しいテクノロジーを求める若い世代にも魅力的に感じて頂ける車です」と述べています。

この記事の画像をもっと見る(15枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事