日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆 クロスモーションを世界初公開

日産自動車は、2018年デトロイトモーターショーにおいて、3列シートのSUVコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を世界で初公開しました。

2020年以降の日産ブランドデザインを示唆

 日産自動車は、2018年北米自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を世界で初公開しました。

2018年北米自動車ショーで世界初公開された「Xmotion(クロスモーション)」

「Xmotion」は、伝統的な日本の熟練の技と最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUVで、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆しています。

 日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ アルバイサは、「『Xmotion』では、ニッサン インテリジェント モビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形とどこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華された日本の伝統工芸の要素と鮮やかなコントラストとなっています」と述べています。

一目で日産車とわかるアイコン

「Xmotion」は、Vモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプなど、一目で日産とわかる、ブランド独自のデザインシグネチャーが採用されています。

Vモーショングリルは強さを強調された
ホログラム技術による視覚の錯覚を利用したリアコンビランプ
ボディサイドは革新的なU字型のハイライトが入る面構成

 より進化したVモーショングリルは、グリルの幅と奥行きを確保することで、これまで以上に力強さが表現されています。そのデザインは日本建築からヒント得て、深みのあるカーボンカラーと高い光沢のフィニッシュにより、印象深いものとなっています。

 ブーメランヘッドランプは、鍛造された鋼の剣を思わせるシャープなラインで構成され、ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が1つのユニットに統合されています。

 リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である「組子」のディテールやパズルからインスパイアされ、ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して見せる手法を採用しています。

 ボディサイドは革新的なU字型のハイライトが入る面構成をもち、それがフロントフェンダーからリアフェンダーまで滑らかにフローを作り出す様子は非常に彫刻的な雰囲気をあたえています。

 インテリアデザインは、エクステリア同様に伝統的な日本の要素と、未来のライフスタイルテクノロジーの要素を共存させることでした。

「4+2」のレイアウトの「Xmotion(クロスモーション)」

「4+2」のレイアウトは、長いホイールベースと、4つのコーナーにタイヤを配することにより、若くアクティブなユーザーの様々なライフスタイルに対応しています。

 特に3列に並んだ独立性の高い座席は、2組のカップルと子供やペットなどにも最適な空間を提供するように設計されています。

「毎日運転することができ、且つ国立公園やレクリエーションエリアのようなあらゆる場所に行くことができる、機能性が高く、デイリーユースなSUVを目指した」とアルバイサは述べました。

【了】

この記事の画像をもっと見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事