マツダ、「東京オートサロン2018」への出品概要を発表

マツダは、「東京オートサロン2018」に、「マツダ ロードスター特別仕様車RED TOP」、「マツダ CX-5」、「マツダ CX-3」、「マツダ ロードスターRF」、「マツダ ロードスターNR-A」のカスタマイズカーを出品します。

新型「CX-8」や5台のカスタムカーを出品

 マツダは、2018年1月12日~14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」において、新型「マツダ CX-8」や「マツダ ロードスター特別仕様車 RED TOP」のカスタマイズカーを出品します。

「CX-8 CUSTOM STYLE 2018」など多数のカスタマイズカーを出品

「東京オートサロン2018」の出展テーマは、「Be a driver. Experience ~マツダの新しいチャレンジが始まる~」です。

 最新車両は、3列シートクロスオーバーSUVの新型「マツダ CX-8」を展示するほか、「マツダ ロードスター特別仕様車RED TOP」、「マツダ CX-5」、「マツダ CX-3」、「マツダ ロードスターRF」、「マツダ ロードスターNR-A」の各車種のカスタマイズカーを展示します。

総重量750kg以下の牽引トレーラーならば普通免許で牽引可能

 展示ブースの中心には、ボートを牽引するCX-8も展示されます。CX-8は、キャンピングトレーラーやボートトレーナーなど総重量750kg以下のトレーラーを牽引することが可能です。ブレーキ制御には、揺れを検知した瞬間に1輪または4輪にブレーキをかけてトレーラーの揺れを抑え安心して走行することができる「トレーラー・スタビリティ・アシスト」を採用しています。

この記事の画像をもっと見る(12枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事