スバルが新型「爆速セダン」世界初公開! 680馬力&漆黒ボディの「モンスター仕様」!? 史上最速「WRX」英でお披露目

スバルは「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2024」で実車を世界初公開する「プロジェクト ミッドナイト」について発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

爆速仕様の「モンスターWRX」がスゴイ!

 スバル・モータースポーツUSAは、2024年7月11日から英国で開催の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2024」で実車の披露が行われる「WRXプロジェクト・ミッドナイト」を初公開しました。
 
 プロジェクト・ミッドナイトは、以前のジムカーナカー「エアスレイヤー」の記録的な成功から生まれたマシンで、絶対的なスピードという唯一の目標を掲げ、性能を新たなレベルに引き上げています。

漆黒ボディの爆速WRX「プロジェクト ミッドナイト」
漆黒ボディの爆速WRX「プロジェクト ミッドナイト」

 プロジェクト・ミッドナイトの原型である「エアスレイヤー」は、「WRX STI(2020年モデル)」をベースとし、バイラルビデオ「ジムカーナ2020」の主役として、230フィート(約7m)のジャンプといったワイルドなスタントを披露しました。

 そして今回、スポーツセダン「WRX(現行モデル)」をベースに、舗装路(ターマック)でのスピードに特化したプロジェクト・ミッドナイトが製作されました。

 プロジェクト・ミッドナイトはラリークロスでの優位性を受け継ぎ、超ワイドな空力ボディと「WRX ARA24グラベル・ラリーカー」に搭載されているウイングを拡大したものを装着。つや消しブラックのボディカラーやボディサイドの黒い六連星のステッカーと相まって、迫力のある外観を実現しています。

 また、カーボンファイバー製のボディと軽量化が施されたシャシにより、車両重量2469ポンド(約1120kg)という圧倒的な軽さを可能にしました。

 パワーユニットとして、最高出力670hp(約680馬力)、最大トルク680lb-ft(約921Nm)を発生する2リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。ボンネット出口に設けられた排気口から炎を吐き出す仕様になっているといいます。駆動方式はAWD(全輪駆動)です。

 さらに、ターマック用のサスペンション・ジオメトリーを採用したほか、18×11インチのOZレーシング・スーパーツーリズモLMPと280/650R18ヨコハマADVANスリックタイヤを装着。スバル・モータースポーツUSA史上最速のWRXレースカーに仕上げられました。

※ ※ ※

 スバル・モータースポーツUSAのドライバー、スコット・スピード選手は次のようにコメントました。

「走らせてみると、ラリークロスがルーツであることは明らかだが、幅広のタイヤ、トラック、ジオメトリーによって、非常にユニークなフィーリングと驚異的なグリップを実現している。

 半分はラリークロス、半分はスポーツカーという究極のドライビング・マシンで、運転するのが本当に楽しい」

【画像】カッコいい! これが史上最速「WRX」です! 画像で見る(30枚以上)

えっ…!かっこよすぎる!すばるのニュースを見る!

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー