スズキ新型「クーペSUV」登場! 24年秋発売の新型「フロンクス」に大反響!「カッコいい!」「期待してる!」の声多数!

スズキの新型コンパクトSUV「フロンクス」が2024年秋に国内で発売されます。この新型フロンクスについて、どのような反響が寄せられたのでしょうか。

新型「フロンクス」国内導入どう思う?

 スズキは2024年7月1日、新型コンパクトSUV「フロンクス」を日本国内で2024年秋ごろに発売を予定であることを発表しました。
 
 新型フロンクスは、力強さと流麗さを際立たせたクーペスタイルに、取り回しの良さと快適な室内空間を兼ね備えた、新ジャンルのコンパクトSUVです。

24年秋に国内で発売されるスズキ新型「フロンクス」
24年秋に国内で発売されるスズキ新型「フロンクス」

 2023年4月にインドでの販売を皮切りに、スズキのグローバルカーとして、中南米、中近東、アフリカなどでも販売されて好評を得ているといい、今回日本にも導入されることになりました。

 新型フロンクスとはどのようなモデルなのでしょうか。

 フロンクスは、2023年1月にインド・デリー近郊で開催された「Auto Expo 2023」にて新型「ジムニー5ドア」ともに世界初公開されました。

 インド仕様のボディサイズは全長3995mm×全幅1765mm×全高1550mm。日本市場で人気のトヨタ「ライズ」と全長は同一で、全幅を大きく、全高を低くしたサイズ感です。

 外観は、流麗なクーペスタイルを採用したほか、内装は“クラス超え”の上質なインテリアが特徴となっています。

 インド仕様の新型フロンクスのパワーユニットは、1リッターターボエンジン+ISG(Integrated Starter Generator:モーター機能付き発電機)のマイルドハイブリッドモデルと、1.2リッターガソリンを用意。

 組み合わせるトランスミッションは、1リッターマイルドハイブリッドモデルが5速MT/6速AT、1.2リッターガソリンモデルが5速MT/5速AGS(オートギアシフト)を設定しています。

 現時点で日本仕様の新型フロンクスの情報についてわかっているのは、外観デザインと今秋頃に予約が開始されるということのみですが、ネットでは早くもさまざまな反響が寄せられています。

「フロンクス日本導入マジ!?」「期待大のクルマですね!」「日本導入良いですね!」など、新型SUVの投入を心待ちにしている人が多いようです。

「カッコよすぎだろ…」「デザインは良いと思います」と、力強さとスタイリッシュさを両立したデザインがカッコいいという意見が見られました。

 さらに、「ライズ・ロッキーの対抗馬になり得るか楽しみ」「サイズ的にはライズ・ロッキーとほぼ同じなのですが、フロンクスは3ナンバーなのがどうかな?」など、全長4m以下かつ5ナンバーサイズの小型SUVのライバル車と比べる書き込みも寄せられています。

 ほかにも、「最低地上高をきちんと確保した、高性能四駆のSUVであることを祈っています」「MT出して欲しいな」など、日本仕様への要望に言及する人もいました。

※ ※ ※

 日本仕様の新型フロンクスのスペックは明らかになっていませんが、「早速買うつもりです!」といった購入に前向きな声も見受けられるなど、多くの人から期待されていることがわかります。

 なお、スズキは新型フロンクスに関する専用サイトを立ち上げており、今後は同車に関する情報が随時アップデートされるとのことです。

【画像】カッコいい! これがスズキの「新型クーペSUV」です! 画像を見る(29枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー