「えっ…!超かっこいい!」 4×4エンジニアリングがランドクルーザー250に装着可能な3種類のホイールを紹介!

4×4エンジニアリングが、人気のトヨタ「ランドクルーザー250」に装着可能なホイール3種類の紹介をしています。

純正ルックからワイド感がアップし、迫力が増すカスタムホイール

 四輪駆動車向けの部品開発などを手掛けるフォーバイフォーエンジニアリングサービス(以下、4×4エンジニアリング)は、人気のトヨタ「ランドクルーザー250」が4×4エンジニアリングへ納車されたことに伴い、同車に装着可能なホイールを公開しました。

18インチの「Air/G VULCAN」を履くトヨタ ランドクルーザー250
18インチの「Air/G VULCAN」を履くトヨタ ランドクルーザー250

 4×4エンジニアリングに納車されたランドクルーザー250はZXグレードのディーゼルモデル(GDJ250)で、純正ホイールは18インチ、サイズは18×7.5J 6H139.7 インセット+60、タイヤサイズは265/70R18です。

 今回、同社は複数のホイールを装着し、その様子を写真付きで公開しました。

 最初に紹介しているのは、18インチの「Air/G VULCAN」です。同ホイールはランドクルーザー300/250用に新たにラインナップされたもので、ホイールサイズは18×8.5J 6H139.7 インセット+52、タイヤサイズは275/70R18、価格は7万400円(1本/消費税込み)です。

 カラーはマットガンメタリックとマットブロンズがあり、純正ホイールに比べて約21ミリ外側へ出ることでワイド感が増し、迫力ある外観に仕上がるとしています。タイヤも純正より約20ミリ大きくなり、全体の見た目が変化しています。

 次に、発売予定のモデルとして、鍛造20インチモデルの「ブラッドレーフォージド匠(たくみ)」を紹介。

 同モデルは純正ホイールから2インチアップのサイズで、ホイールサイズは20×9.0J 6H139.7 インセット+52、タイヤサイズは275/60R20、価格は17万1600円(1本/消費税込み)です。カラーはマットディープグレイ、マットシャドーブラック、マットチタンブロンズが予定されています。

 このホイールは、約27ミリ外側へ出ることで、ランドクルーザー250の大きなボディにふさわしいカスタムを提供してくれるとしています。

 最後に紹介しているのは、18インチの「ブラッドレーフォージド匠」です。ホイールサイズは18×8.5J 6H139.7 インセット+52、タイヤサイズは275/70R18。価格は11万5500円(1本/消費税込み)です。

 カラーはマットガンメタリック、マットシャドーブラック、マットチタンブロンズが用意されています。

 こちらのホイールも純正に比べて約21ミリ外側へ出ることで、足元にワイド感を与え、タイヤサイズも純正より約20ミリ大きくなっています。

 なおランドクルーザー250は、先代150プラドのM12x1.5からM14x1.5とハブボルトが太くなっているため、ホイールはもちろんホイールナットも流用ができません。ホイール交換の際はM14x1.5のナットに交換が必要となるので、注意が必要です。

【画像】ワイド感がアップし、迫力が増したランクル250を見る(5枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー