スズキ新型「ステーションワゴン」発表に反響多数!?「こういうの欲しい」の声! 新登場の「速度違反防止システム」にも反響!?「ぜひ義務化して」 新「スウェイス」英国で登場

スズキのイギリス法人が2024年6月14日、ステーションワゴン「スウェイス」の一部改良モデルを発表。ネット上でもさまざまな反響が集まっています。

スズキ版「カローラツーリングワゴン」

 スズキのイギリス法人が2024年6月14日に発表した「スウェイス」の一部改良モデルに、反響が集まっています。
 
 いったいどのようなクルマで、どのような声があるのでしょうか。

スズキのステーションワゴン「スウェイス」
スズキのステーションワゴン「スウェイス」

 スズキのステーションワゴン「スウェイス」は、トヨタの英国生産車「カローラツーリングスポーツ」のOEM車です。スズキとトヨタは2019年に資本提携し、翌年から販売開始となっています。

 ボディサイズは全長4655mm×全幅1790mm×全高1460mm、ホイールベース2700mmです。

 パワートレインは1.8リッターハイブリッドで、システム最高出力140hp、最大トルク142Nmを発生します。

 トヨタ車とは細かいところで差別化を図っており、フロントグリルおよびフロントバンパーに独自デザインを採用し、ボディサイドの処理も異なっています。

 前回の一部改良でも、フロントに新しいLEDライトシグネチャーを追加、リアバンパーに新しいクロームモールを採用するなど、エレガンスとスポーティさが加わっています。

 さて、そんな「スウェイス」の今回の一部改良では、2024年7月からEUで義務化される、速度超過防止システム「インテリジェント・スピード・アシスタンス(ISA)」が追加されています。

 車載カメラやカーナビのGPSなどを介して制限速度を検知し、速度超過にならないよう制御する仕組みです。

 一部改良はそれだけでなく、上級グレードでは計器盤を全面デジタル化。さらにオーディオディスプレイの画面サイズも8インチから10.5インチへ、ワイドに進化しました。

 イギリスでの販売価格は2万9999ポンド(約605万円)からです。

※ ※ ※

 スズキ版「カローラツーリング」の一部改良モデルの発表には、ネット上で「日本市場でも販売してください」「スウェイスも日本導入してください」「こういうの欲しいんです」「スズキのカローラツーリング!?」「スズキのステーションワゴンか」「時々欧州で見るなぁ、スズキカローラ。トヨタバッジよりもスズキ版の方が購買層が多いのかな」など、日本展開への希望を含め、期待する声が見られます。

 また、今回の改良の目玉となる「速度超過防止システム」にもさまざまな声が。「いずれ日本でも義務化されるんですかね」「この機能もいずれ日本にも採用されるなのかな?」「速度超過防止機能は日本車も義務化すべきだと思う」「速度超過防止機能は常時オフ設定ができないと購入対象から外すだろうな。アイドリングストップよりいらない」といったコメントがありました。

【画像】超カッコイイ! これがスズキ「新型ステーションワゴン」の全貌です(27枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 全然カッコよくない。カローラにスズキのエンブレム貼っただけの車。
    こんな記事しか書けないような記者は今すぐ記者を辞めたほうがいい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー