500馬力超え! 日本専用の「新型スーパーカー」発表! 鮮烈レッドの「V8エンジン」をミッドシップ搭載! 情熱の“炎” モチーフの「レッドフレイム」とは

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、シボレー新型「コルベット」の新たな特別仕様車を発表し、日本限定で発売しました。

日本限定の「情熱的なスーパーカー」発表!

 ゼネラルモーターズ・ジャパンは2024年7月4日、シボレー「コルベット」の新たな特別仕様車「RED FLAME SERIES(以下、レッドフレイムシリーズ)」を発表。
 
 同日より、全国のシボレー正規ディーラーネットワークにて、日本限定での販売を開始しました。

日本限定の「情熱的なスーパーカー」発表!
日本限定の「情熱的なスーパーカー」発表!

 シボレーはアメリカに本拠を置く、ゼネラルモーターズの乗用車ブランド。

 そんなシボレーが展開するコルベットは、1953年にデビューした、アメリカを代表するハイパフォーマンス・スポーツカーです。

 現行型となる8代目コルベットは2019年7月に発表。駆動方式が従来の「FR」から「MR」に変更されたこともあり、これまでのロングノーズ/ショートデッキだったボディデザインから、ドライバーを中央に配したミッドシップ スーパーカーのスタイリングに変わっているのが特徴です。

 ボディサイズは全長4630mm×全幅1934mm×全高1234mmと、まさにローアンドワイド。

 この車体に、最高出力502馬力・最大トルク65.0kg-mを発揮する6.2リッターV型8気筒OHVエンジンを搭載し、後輪を駆動します。

 今回、そんな8代目コルベットの新たな特別限定車が登場しました。

 このレッドフレイムシリーズでは、伝統のV8エンジンを真っ赤に彩るエッジレッドのエンジンカバーを採用し、コルベットの心臓部に宿る走りへの熱い情熱を体現。

 またこれには、かつて初代コルベットに搭載されていたエンジンカバーが特徴的なブルーで塗装されたことから「Blue Flame(ブルーフレイム)」と呼ばれていたことへのオマージュとリスペクトも込められているといいます。

 くわえて、この限定車ではV8エンジンの存在感をさらに際立たせる特別装備として、「エンジンアピアランスパッケージ」を装着。

 これにより、クーペではカーボンファイバー製の装飾パネルがエンジンを囲うように施され、またコンバーチブルではルーフ開閉時にエンジンを垣間見ることができるクリアウィンドウ付エンジンベイパネルを、日本仕様車において初搭載します。

 ボディカラーは、ブラックのレーシングストライプを大胆にあしらったレッドカラーの「レッドミスト メタリック ティントコート」と、日本初採用のブラックカラー「カーボンフラッシュ メタリック」の2タイプを設定。

 内装色はそれぞれ、上品なベージュの「ナチュラル ディップド」か、情熱的なレッドの「アドレナリンレッド ディップド」を組み合わせます。

 さらにインテリアには、アルミパーツをブラックで仕上げた「ステルスインテリアトリムパッケージ」を日本初採用し、精悍かつレーシーな印象をさらに高めました。

 このように、コルベット伝統のV8エンジンを美しく彩り愛でる限定モデル、レッドフレイムシリーズの車両価格(消費税込)は、クーペ(3LT)ベースが1740万円、コンバーチブルベースが1890万円。

 クーペとコンバーチブルそれぞれにレッドおよびブラックの外装色が用意され、各車10台ずつ、合計40台のみの限定販売となります。

【画像】カッコイイ! これが日本限定の「新型スーパーカー」です(13枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 『CORVETTE』をスーパーカーと言うのかー まぁ確かにスペック的にはそーかもしれ無いが…違和感バリバリなよーな?
    ここの画像は 相変わらずヒデーな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー