全長9mのいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「精悍顔」がカッコイイ! 2000万円級「新ガーラミオ」に反響

いすゞが発売した「ガーラミオ」改良モデルについて、さまざまなコメントが投稿されています。

20年目の刷新… 次期型とMT設定を求める声もあり

 いすゞは2024年6月18日、中型観光バス「ガーラミオ」改良モデルを発売しました。
 
 ガーラミオについて、SNSなどではさまざまなコメントが寄せられています。

中型観光バス「ガーラミオ」
中型観光バス「ガーラミオ」

 ガーラミオは1999年に登場した中型観光バスです。

 現行型は2代目で2004年8月に発売。日野「メルファ」との統合車種となり、製造はいすゞ・日野両社の合弁会社ジェイ・バス(石川県小松市)が担当します。

 ラインナップは45人乗り9列シートのベーシックモデル「M-I」、フルモケット張りリクライニングシートなどを備える41人乗りの中級タイプ「M-II」、スイング式前扉やテレビなどを備える8列35人乗りの最上級モデル「M-III」を用意。

 また、さまざまな用途に応じて車内後部構造を変更できる特装用ベース車も設定しています。

 ボディサイズは全長8990mm×全幅2340mm×全高3035-3140mm、ホイールベースは4490mmのみで、長尺車などの設定はありません。

 パワーユニットは排出ガス規制に対応するため、2017年に220馬力を発揮する5.1リッター直列4気筒ターボエンジンへと変更。尿素SCR還元装置と組み合わせることで、環境性能を向上しました。

 また、トランスミッションも全車で6速AMTを採用し、運転しやすさと燃費性能の向上を図りました。

 さらに、2021年には安全性能の刷新も実施されています。

 ミリ波レーダーおよびカメラを組み合わせた歩行者検知機能付衝突被害軽減ブレーキシステムを搭載し、これに車線逸脱警報や車両安定制御システム(EVSC)、ドライバー異常時対応システム(EDSS)なども採用し、安全性能が大幅に高められました。

 なお、今回の改良では、法規対応としてバックカメラ・モニターを標準装備化。

 車両後退時に車両後方映像をモニターに表示することで、ドライバーの後退操作をサポートします。

 新ガーラミオ改良モデルの価格(消費税込・東京地区)は1927万7500円からとなっています。

※ ※ ※

 改良モデルのガーラミオについて、SNSなどではバスマニアや実際に乗務しているとみられるユーザーなどからさまざまなコメントが寄せられています。

「キツネみたいな顔つきしてて超かっこいいよ」「ヘッドランプがプロジェクターじゃなくてレンズカットなのがいいね」「日野の先代セレガの香り」「ヘッドライトだけ見るとE24キャラバンかと思った」など、フロントフェイスデザインを評価する人が多いようです。

 乗務員ユーザーからは、「AMT運転しにくいんだよなぁ」「全車AMTかぁ」「とにかく、MTを復活させて頂きたい」「乗務員目線に立った車作りをしてほしい」など、今後の要望とも取れる声がみられます。

 また、「ガーラミオって20年以上製造され続けてるんか、生きた化石じゃん」と長いモデルライフを送っていることに驚く人や、「ぼちぼちデザイン変えても良いのでは」「新車としては流石に古いかも」とモデルチェンジを求めるコメントも見られました。

【画像】超カッコイイ! これが「いすゞ9mモデル」です! 画像で見る(28枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー