マツダ新型「軽トラック」発表に反響あり!「ぬかるみ脱出助かる」「ついに窓が自動化!?」悪路走行も強化「新スクラムトラック」約106万円から登場

マツダは2024年5月23日、軽商用車「スクラムトラック」の一部改良モデルを発売。販売店でも反響があり、ネット上でも感嘆の声があるようです。

スクラムトラックがさらに機能強化

 マツダは2024年5月23日、軽商用車「スクラムトラック」を一部商品改良し、発売開始しました。
 
 販売店でもさっそく反響があるようで、これにはネット上でも感嘆の声があるようです。

改良モデルの新「スクラムトラック」
改良モデルの新「スクラムトラック」

 軽トラック「スクラムトラック」は初代モデルが1989年に登場。スズキ「キャリイ」のOEMモデルです。従来の「ポーター」シリーズに変わる軽商用車として導入されました。

 現行モデルは2013年に登場した4代目。最少回転半径3.6mを実現するなど小回り性能の向上や、荷台フロア長2030mm×荷台幅1410mmと、ゆとりのある荷台スペースが特徴。コンテナや長尺物までしっかりと荷物を積み込めます。

 パワートレインは、660ccの3気筒自然吸気エンジンを搭載し、トランスミッションは4速ATもしくは5速MTを組み合わせます。

駆動方式はFRと2タイプのパートタイム式4WDから選択可能です。さらに「ドライブセレクト4×4」「ブレーキLSDトラクションコントロール」など補助機能を備えています。前者は悪路で2WDから4WDへ切り替えられるもので、後者はぬかるみ脱出をアシストするものです。

 グレードはベーシックな「KC」、実用向けの「KC農繁」、上級グレードの「KX」の3種類。

 そんな「スクラムトラック」の今回の改良では、電波式キーレスエントリーやパワードアロック、パワーウインドウといった快適装備を全車標準装備化し、より使いやすくなっています。LEDヘッドランプ、電動格納リモコン式カラードドアミラーが「KX」で標準装備となっています。

 さらに、5MT車に新たにアイドリングストップシステムを搭載。停車時などにエンジンを停止させることで、省エネが図られたほか、後退時の誤発進抑制機能に「ブレーキ制御機能」が追加されています。

 販売価格(消費税込)は106万3700円~153万6700円となっています。

 発売開始からの反響について、マツダの販売店担当者は「反響はちらほらいただいております」「買い替えのタイミングなどで、これから増えてきそうです」と話しているほどで、ロングセラーならではの根強さが伺えます。

※ ※ ※

 ネット上では、「仕事で愛用してます」「うちの職場キャリイじゃなくてこれだ」「ついにパワーウィンドウが付いた!?」「逆に今まで窓の開け閉めは手で回していたのか」「ぬかるみ脱出ほんとあると助かるんだよなー(経験談)」「MTでアイドリングストップがあるのか」などの様々な声が見られました。

【画像】超カッコイイ! これがマツダの「新軽トラック」です。画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー