トヨタの「“丸目2灯”カローラ」を公開! レトロ顔が超カッコイイ! イワイガワ「ジョニ男」の愛車とは

お笑いコンビ・イワイガワの岩井ジョニ男さんが自身のインスタグラムを更新し、愛車とともに一服する姿を公開しました。

一周まわってカッコイイ! 「オイルショック!」前の「カローラ」

 お笑いコンビ・イワイガワの岩井ジョニ男さんが、自身のインスタグラムを2024年6月24日に更新し、一服する姿を公開。写真にはジョニ男さんの愛車である2代目「カローラ」の姿も見られます。

昭和のオヤジが憧れた1台……[画像は1970年モデルの「カローラ 1400SL 4ドアセダン」]
昭和のオヤジが憧れた1台……[画像は1970年モデルの「カローラ 1400SL 4ドアセダン」]

 昭和のサラリーマン風スタイルで人気のジョニ男さんは、旧車をメインに扱う自動車雑誌の連載のなかで愛車を探し、最近ではトヨタの2代目「カローラ」(KE20型)を購入したといいます。

 2024年2月にパシフィコ横浜で開催された、日本最大級のクラシックモーターショー「Nostalgic2days(ノスタルジック2デイズ)」では、レトロなグリーンカラーの実車が展示されていました。

 ジョニ男さんの愛車は、第一次“オイルショック”が起こった1973年の直前、1972年式だといいます。

 カローラといえば、1966年に初代が誕生。その後、現在にいたるまで日本の小型大衆車市場を牽引しているトヨタを代表するモデルで、現在も年間世界販売台数1位を記録し続けています。

 2代目カローラは、東名高速道路が全線開通するなど、本格的な高速時代が到来した1970年に登場しました。

 2ドアと4ドアのセダンをラインナップ。初代よりもボディサイズは一回り拡大し、全車に1.2リッターエンジンを搭載して走行性能もアップしています。さらに1年後には、より高性能な1.4リッター版も追加されました。

 また2ドアクーペやバン・ワゴン、兄弟車の「スプリンター」、スポーティモデルの「カローラ レビン/スプリンター トレノ」も登場するなど、多数の派生モデルも展開されています。

 そんな2代目カローラは、1974年に3代目へ切り替わりましたが、一部は3代目と併売で販売され続けています。

 ジョニ男さんのインスタグラムには「BGMはカーラジオ」とコメントをつづり、愛車とともに一服する1枚を公開。緑色のボディが映える2代目カローラとの絶妙なショットです。

 投稿を見たユーザーからは、「ジョニ男兄貴はやはりフェンダーミラーの車が良く似合う」「アングルが良い!」「カローラ渋いですね。27レビンに乗ってました」など、さまざまなコメントが寄せられています。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「“激シブ”カローラ」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー