新型「“R36”GT-R」まもなく登場!? 「4.1リッターV6」搭載で1000馬力発揮!? 旧車デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開に「楽しみ!」と話題に

メーカー非公認ながら通称「R36」としたイメージCGで話題を集めていたArtisan Vehicle Designが、「R36 “アルティザン” GT-R」の実車製作に着手。再びSNSで注目を集めており、ユーザーからも多くの反響が集まっています。

新型「R36 GT-R」まもなく登場に反響も

 日産の高性能ロードカー「GT-R」(R35型)は、生産が2025年8月をもって終了することが明らかになった一方で早くも次期型への期待が高まっています。
 
 そんななか、メーカー非公認ながら通称「R36」としたイメージCGで話題を集めていたArtisan Vehicle Design(アルティザン ビークル デザイン)なる会社が、ついに「R36 “アルティザン” GT-R」の実車製作に着手。

 再びSNSで注目を集めており、ユーザーからも多くの反響が集まっています。

ほんとに出るの!? 新型「R36 GT-R」
ほんとに出るの!? 新型「R36 GT-R」

 アルティザンGT-Rは、自動車デザイナーであるロマン・ミヤ氏の発想から、R34型を彷彿とさせるイメージCGを作成。

 SNSで公開したところ大きな反響を集め、自動車製造関係者の協力を経て、GT-R(R35型)のフルカスタムとして市販化へと進められることとなりました。

 今回アップされた動画は、R35型GT-Rのボディパネルがすべて取り外された状態での作業風景の様子が分かるものです。

 フルオリジナルのカーボンファイバー製の新たなボディパネルをまとい、エンジンは2種類を設定。

「トラックパッケージ」では、オリジナルの3.8リッターV6ツインターボをベースにインタークーラーやインテーク、燃料ポンプなどをアップグレードして再構築したもので、最高出力800馬力を発生します。

「アルティメットパッケージ」では、4.1リッターにボアアップするなど、さらなるチューニングが施され最高出力1000馬力を発生するといいます。パワーアップに伴いビルシュタイン製サスペンション、アルコン製ビッグブレーキパッケージなども採用されます。

 このほかコックピットまで隅々までカスタムされ、なかでも縦型の大型ディスプレイが目をひきます。

 生産台数はR36にちなんで限定36台でだといいます。

※ ※ ※

 これを見たユーザーからは「楽しみだな〜」「これは一度は運転してみたい!」「買える値段じゃないだろうな〜。」「これは刺さる!」など多くの反響を集めていました。

【画像】超カッコイイ! これが新型「”R36”GT-R」です!画像で見る(75枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. あぁ、これはビジュアルがR34の系譜だと一目でわかっていいですねぇ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー