ピンクの「トライトン」でラリーに挑戦! 三菱×トーヨータイヤのサポートで圭rally projectがXCR スプリントカップ北海道に参戦

圭rally projectが、三菱自動車やトーヨータイヤなど多くのメーカーからサポートを受けて「トライトン」で北海道のラリーに参戦することを発表しました。発表会場では、チーム代表かつドライバーを務める竹岡圭さんが今回の参戦の意気込みを語りました。

三菱「トライトン」で北海道のラリーに参戦!

 合同会社圭rally projectは2024年7月1日、三菱自動車やトーヨータイヤなどによるサポートのもと、北海道の複数地域にておこなわれる「XCR スプリントカップ北海道」の第3戦、第4戦に参戦すると発表しました。

 発表に合わせて、圭rally projectの代表で自らドライバーを務める竹岡圭選手をはじめ、スポンサー企業が集まり都内で発表会が開かれました。参戦にあたり、三菱自動車は新型「トライトン」を、トーヨータイヤは「OPEN COUNTRY R/T」を供給し、他に12社のパートナー企業が支援するとのことです。

XCR スプリントカップ北海道に参戦する圭rally projectの三菱トライトン
XCR スプリントカップ北海道に参戦する圭rally projectの三菱トライトン

 参戦車両に合わせたピンクカラーのレーシングスーツを着て会見をおこなった竹岡選手は「昔から『将来いつかポルシェに乗る!』を目標に貯金をしていたのですが、そのお金を使ってラリーチームを立ち上げようかな?と思ってスタートしたのが2016年の秋。そして2017年から全日本ラリー選手権に5年間参戦、2022年からの2年間はトーヨータイヤのサポートチームのドライバーとしてお声掛けを頂いていました。そんな中、2023年にタイ現地で新型トライトンの発表会を見て『三菱車でラリーに出場できるクルマが登場した!』と、現地にいる三菱の方にいきなり交渉をしてしまったのが今回の参戦のきっかけです」と参戦に至る経緯を説明。

 さらに「登場したばかりの車種ということで、まだ日本に届いた車両自体も限られている状態です。トライトン自体がオールニューの新型ということでパーツ等はまだまだ用意されておらず、車両が届いてからラリーのレギュレーションに合わせ、かつ車検制度にも通る範囲で、改造を約2週間弱という短い期間で仕上げました。実は(プレス)リリースに出ている写真も、ギリギリまでカラーリングを仕上げて今朝撮影をしたものです(笑)」と“裏事情”も明かしました。

竹岡選手「まずは完走を目指す」

 そうした慌ただしい状況を乗り越えて発表会に臨んだ竹岡選手は「ギリギリの準備状況でしたが、スタッフの努力もあってなんとか間に合わせることができました。まだクルマもしっかり運転できておらず、北海道にフェリーで運んだ後、そこからラリーの会場まで運転するのが実質シェイクダウン…という状態なので、まずは完走を目指して頑張りたいと思います」と目標を語ってくれました。

ピックアップトラックらしい広大な荷台にはトーヨータイヤの「OPEN COUNTRY R/T」のスペアタイヤが。TOYO TIREグローバルマーケティング部部長の吉川氏によると、1回のラリーで2セットの使用を想定しているとのこと
ピックアップトラックらしい広大な荷台にはトーヨータイヤの「OPEN COUNTRY R/T」のスペアタイヤが。TOYO TIREグローバルマーケティング部部長の吉川氏によると、1回のラリーで2セットの使用を想定しているとのこと

 XCRスプリントカップ北海道は、2021年から開催されている日本自動車連盟(JAF)公認のクロスカントリーラリーシリーズです。今年は1月から10月にかけて全6戦を予定しており、圭rally projectはそのなかで7月5日からニセコ町を拠点に開催される第3戦「ARK ラリーカムイ」、9月6日から帯広市を拠点に開催される第4戦「RALLY HOKKAIDO」の2戦に参戦するとのことです。

【画像】三菱といえばやっぱラリーでしょ! 迫力満点の「トライトン」ラリー参戦車を見る(20枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー