スズキが「本格“軽”SUV」実車公開! 次期「スペーシアギア」!? 超カッコイイ「“ジムニー”顔」&「斬新内装」のアウトドアカスタムお披露目

2024年6月28日から30日まで幕張メッセで開催の「TOKYO OUTDOOR SHOW2024」に、スズキは「スペーシア パパボクキッチン」を出展しました。次期「スペーシア ギア」の先行公開とも噂されるアウトドアモデルについて紹介します。

次期「スペーシア ギア」を先行公開!? 気になる参考出品モデルの正体とは

 スズキは2024年6月28日から30日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催のアウトドアイベント「TOKYO OUTDOOR SHOW(トウキョウアウトドアショー)2024」に3台のスズキ車を出展しました。
 
 そのうちの1台が、軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」のコンセプトモデル「スペーシア パパボクキッチン」(以下、パパボクキッチン)です。どのようなクルマなのでしょうか。

次期「スペーシア ギア」を示唆!? アウトドアイベントに登場した「パパボクキッチン」とは
次期「スペーシア ギア」を示唆!? アウトドアイベントに登場した「パパボクキッチン」とは

 2008年に登場した軽スーパーハイトワゴン「パレット」の後継車として、2013年2月に誕生したのが初代スペーシアです。

 2017年12月には2代目にフルモデルチェンジし、先進運転支援機能「スズキ セーフティ サポート」の採用や、内外装に“スーツケース”モチーフのデザイン処理を施すなど、個性的ないでたちでイメージを一新しました。

 標準タイプに加え、迫力と存在感を高めたエアロタイプ「スペーシア カスタム」も用意したほか、デビュー1年後の2018年12月にはSUVテイストを加えた「スペーシア ギア」を追加設定。

 続く2022年8月には商用車仕様の「スペーシア ベース」も追加し、4タイプの幅広いラインナップとしたことが功を奏し、好調な販売実績を示しました。

 そして2023年11月、6年ぶりにフルモデルチェンジした3代目スペーシアは、先代の“スーツケース”をイメージしたスタイリングを進化させ、さらに大きな「コンテナ」をモチーフにデザイン。より大容量な空間であることが伝わるエクステリアとなりました。

 先代同様、新型にもスペーシアとスペーシア カスタムをラインナップしています。

 インテリアは日常での使いやすさを向上させるいっぽう、内装素材の質感向上にも配慮し、後席には「マルチユースフラップ」を新採用しました。「オットマンモード」など3つのモードに変化し、後席の快適性を向上させています。

 パワートレインでは、新しい自然吸気エンジンとCVTを搭載しマイルドハイブリッドと組み合わせることで、燃費や動力性能も改善しました。このほか、先進運転支援機能も最新仕様に進化しています。

 そんななか、2024年6月現在まで3代目スペーシアにSUVテイストのスペーシア ギアは設定されていません。

 しかし2024年1月に開催のカスタムカーイベント「東京オートサロン2024」に、そんな“次期型”スペーシア ギアを示唆するかのようなパパボクキッチンが初公開されました。

 荷室にキッチンスペースを備え、「料理で親子のコミュニケーションが弾むファミリーキャンプの世界観を表現した」とスズキは説明します。

 スタイリングは、フロント周りやホイール、カラーリングなどでSUVテイストを強調し、ベースのスペーシアとは大きく異なるタフなイメージとしました。

 今回、TOKYO OUTDOOR SHOW2024会場に再登場したパパボクキッチンですが、会場のスズキ関係者は「パパボクキッチンは、あくまでもスペーシアをベースにしたコンセプトモデルです」とし、次期スペーシア ギアとの関係性については口を閉ざしていました。

 ただ一方で、現行スペーシア ギアのオーナーだという来場者からは「新型が出るのを楽しみに待ってます」と良く声をかけられるともいい、いち早い新型の登場はユーザーからも待ち望まれていることがうかがえます。

 先代のスペーシア ギアはベース車の1年遅れで登場したことから、同様に新型スペーシア ギアも2024年末頃にデビューするかもしれません。

 スズキからの公式発表はいまだにありませんが、期待して待ちたいところです。

【画像】めちゃカッコいい! スズキ「次期スペーシア ギア!?」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー