ホンダ「新型シティ“ハッチバック”」実車公開! ド迫力「スポーツエアロ仕様」がカッコいい! めちゃ精悍な「モデューロ」タイでお披露目

タイで開催された「バンコクオートサロン2024」で、ホンダはカスタムカーの「シティ ハッチバック モデューロ」を出展しました。どのようなモデルなのでしょうか。

黒パーツが精悍なモデューロ仕様とは?

 2024年6月26日から5日間にわたって、東南アジア地域で最大規模を誇るカスタムカーの祭典「バンコクオートサロン2024」が開催されました。
 
 ホンダのタイにおける四輪車の生産販売合弁会社である「ホンダオートモービルタイランド」は、さまざまなカスタムカーを出展。
 
 なかでも、「シティ ハッチバック モデューロ」とは、どのようなモデルなのでしょうか。

モデューロパーツを装着したホンダ新型「シティハッチバック」
モデューロパーツを装着したホンダ新型「シティハッチバック」

 シティは1981年に登場。背の高いハッチバックスタイルに広い室内空間を実現したことで、当時の若者を中心に人気を集めました。

 1986年に登場した2代目シティは、一転してワイド&ローなフォルムを採用。販売は低迷し、1995年に国内での販売を終了したのですが、その後、新興国を中心とした海外向けのコンパクトセダンへと名称が継承されています。

 現行モデルは2019年に発表された通算7代目。コンパクトセダンに加え、タイなど一部地域では、ハッチバックの「シティハッチバック」も存在。

 2024年2月にマイナーチェンジし、新たなデザインのグリルやフロント/リアバンパーが採用され、よりスポーティなスタイリングへと刷新されました。

 ボディサイズは全長4350mm×全幅1748mm×全高1488-1501mm、ホイールベース2589mmで、最低地上高は134-147mmです。

 パワートレインは、1リッター直列3気筒VTECターボエンジン、1.5リッター直列4気筒i-VTECエンジン+e:HEVのハイブリッド車が用意されます。

 トランスミッションは、ターボ車がCVT、ハイブリッド車がE-CVTです。

 そんなシティハッチバックですが、バンコクオートサロン2024で公開されたのは、「モデューロ」ブランドのエアロパーツが装着されたカスタム仕様です。

「もっとスポーティに」をコンセプトとして開発されたエアロパーツは、16インチアロイホイールと前後のブラックロゴ、フロント/サイド/リアスカートなどが備わり、スポーティで迫力のあるカスタマイズが可能です。

【画像】カッコいい! これがカスタム仕様の新型「シティ」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー