夏の車内に「ペットボトル置きっぱなし」は超危険! うっかり放置で「火災」の事例も! さらに「健康被害」まで考えられる理由とは

熱い夏の車内に「ペットボトル」を放置すると、思いもしなかったトラブルが発生する可能性があります。一体どんな危険が考えられるのでしょうか。

「火災」や「破裂」などリスクだらけ!

 ドライブ中、飲みかけの「ペットボトル飲料」を車内に置いておくことは珍しく無いでしょう
 
 また、置き忘れたこと自体を忘れてしまい、うっかり長時間放置してしまった経験のある人もいるかもしれません。
 
 しかし、とくに夏の車内にペットボトルを放置すると、想像を超えたトラブルが起こる可能性があるのです。

「ペットボトル」の車内放置はリスクだらけ!
「ペットボトル」の車内放置はリスクだらけ!

 ペットボトルを放置した場合、起こる可能性があるのが「収れん火災」です。

 収れん火災とは、太陽の光がレンズや鏡によって反射したり、屈折して1点に集中することで収束・加熱し、発火することで起こる火事のこと。

 家庭であれば「鏡」や「ガラス製の置物」、水が入ったペットボトルが原因となって起こりますが、車内に放置されたペットボトルによっても発火する可能性があります。

 特定の条件が重なることで起こるため発生事例自体は少ないものの、JAFや自動車メーカーが注意喚起を行っています。

 また、車内が60度以上の高温になるこれからの時期は、放置したペットボトルが熱で変形する可能性があります。

 さらに炭酸飲料の場合は、熱で中身が膨張し破裂することも考えられます。

 ペットボトルが変形したり、破裂して中身が漏れ出せば、内装やシートを汚してしまうでしょう。

 場合によっては高額なクリーニング代が必要になるかもしれません。

 また、ペットボトル以上に車内への放置が危険なのが「スプレー缶」や「使い捨てライター」などの道具です。

 火災や破裂といった最悪の事態を防ぐため、本格的な夏が到来する前にクルマから降ろしておきましょう。

【画像】「えっ…!」 これが燃えたエンジンルーム! 衝撃の状態がこれです!(18枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー