ECLIPSEのカーナビゲーションシステム「LSシリーズ」に2024年モデルが登場! スムーズな操作と見やすい地図情報、キレイな映像が特長

デンソーテンは、同社が展開する「ECLIPSE(イクリプス)」ブランドから、デンソーソリューションが企画・開発したカーナビゲーションシステム「AVN」の新商品2機種(LSシリーズ:フルセグモデルAVN-LS04W/AVN-LS04)を2024年7月中旬から順次発売すると発表しました。

わかりやすい地図案内と安定したキレイな地デジ映像が視聴可能

 デンソーテンは、同社が展開する「ECLIPSE(イクリプス)」ブランドから、デンソーソリューションが企画・開発したカーナビゲーションシステム「AVN」の新商品2機種(LSシリーズ:フルセグモデルAVN-LS04W/AVN-LS04)を2024年7月中旬から順次発売すると発表しました。LSシリーズは、2020年から新たにラインナップに加わったエントリーモデルです。

LSシリーズ2024年モデル「AVN-LS04W」
LSシリーズ2024年モデル「AVN-LS04W」

 今回発売される2機種には、東北中央自動車道の村山IC、村山名取IC、新庄真室川ICなど新設された主要な高速・有料道路の情報を収録した2023年度秋版最新地図が搭載されています。

 また、音声とコーション音で対象交差点を知らせるジャスト案内や、方面看板表示などのわかりやすい地図案内に加え、安定したきれいな地デジ映像、Bluetoothなど、同シリーズで好評のオーディオ機能と操作性を継承したコストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

 新商品の特長として、クアッドコアCPUの搭載によるスムーズな操作や、目的地までの線の視認性向上、シンプルな表示で見やすい地図情報、安定したきれいな地デジ映像の視聴が可能とされています。

 地デジチューナーには、中継局サーチだけでなく系列局サーチも搭載されており、受信エリアをまたいでも同じ番組を継続して視聴でき、安定したきれいな映像を楽しめるとしています。

 さらに、表示画面の切り替えや動画再生中のカーナビゲーション操作などの高負荷な処理にもスムーズに対応。フリックやピンチイン・アウトなど、スマートフォンのような操作も可能となっています。アンチエイリアス対応により、地図のルート線や目的地直線を滑らかに描画し、地図の見やすさも向上しているとのことです。

 スムーズなドライブをサポートする機能としては、6ルート探索機能があり、有料優先、有料回避(一般優先)、時間優先、幹線優先などを考慮した6つのルートから好みに合わせて選択可能。

 また、方面看板表示による目的地へのルート案内や、案内交差点直前での音声とコーション音による案内機能、VICS WIDEを利用した気象情報や特別警報の表示機能、準天頂衛星「みちびき」対応による高精度な測位が可能となっています。

 さらに、英語、韓国語、中国語(繁体字/簡体字)、日本語の多言語対応により、地図上の住所表記やルート案内音声などの機能を多言語で利用でき、外国人でも簡単に目的地やルートの設定が可能としています。

 オーディオ機能としては、Bluetooth対応により、スマートフォンなどに保存された音楽データを再生でき、タイトルやアーティスト名もカーナビゲーション画面に表示できます。通話にも対応しています。

 デザイン面では、光透過率が高く画質に優れた高耐久の「静電容量式タッチパネル」をエントリーモデルでも採用しており、「光沢パネル」による色鮮やかな画面が特長となっています。

 LSシリーズ2024年モデルの価格はオープンで、2024年7月中旬より順次発売されます。

【画像】ECLIPSE LSシリーズが進化! 2024年モデルを見る

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー