トヨタ「RAV4」次期型どうなる!? もっと無骨に“大変身”へ期待の声も! デビュー6年目の「超人気SUV」に反響集まる

2019年4月に登場したトヨタのミドルクラスSUV「RAV4」も、気付けばデビュー6年目に突入しました。6代目となる次期型RAV4はどのようなクルマになるのでしょう。徹底予想します。

トヨタの主力SUVはこの先どうなる!?

 トヨタの人気ミドルクラスSUVである「RAV4」現行モデル(5代目)は、2019年4月の登場から早くも6年目を迎えており、そろそろ次期モデルが気になる人もいるようです。
 
 そのためSNSなどでは、まだ見ぬ6代目の“次期型”RAV4に対しさまざまな声が集まっています。

次期「RAV4」のデザインはこんなイメージ!? [画像はトヨタのコンセプトカー「FT-3C」]
次期「RAV4」のデザインはこんなイメージ!? [画像はトヨタのコンセプトカー「FT-3C」]

 SUVらしさにあふれたタフなデザインや走行性能、ラゲージスペースの広さや使い勝手の良さから支持を集めるRAV4は、日本のみならず北米などグローバルでも高い人気を誇ります。

 2020年には、歴代モデルの累計販売台数がグローバルで1000万台に到達しました。

 十分な室内と荷室空間をもつ現行型RAV4のパワートレインは、日本仕様の場合2リッターガソリンエンジンのほか、2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド、2.5リッターエンジン+モーターのPHEV(プラグインハイブリッド)が用意されています。

 タフなのは見た目だけではなく、現行モデルでは4WD性能もこだわっており、3タイプの異なる制御方式が選択できます。

 このように全方位で優れた仕上がりを誇るRAV4だけに、現行型をベースに内外装のデザインをリフレッシュするだけでも、十分にフルモデルチェンジが成立しそうです。

 しかしいっぽうで環境性能に対する要望は年々高まっており、電動モデルへのニーズも増しています。

 トヨタでは2024年5月、「マルチパスウェイ」を目的とするスバル・マツダとの共同技術説明会を実施しており、その場でトヨタはガソリンエンジンの新開発をおこなっていることを明らかにしました。

 これは電動化の強化を見据えた戦略で、モーターとの組み合わせを前提に、ハイブリッドやプラグインハイブリッドシステムの効率をさらにあげるための設計思想を持っているといいます。

 この次世代パワーユニットは、早ければ2026年頃にも市販モデルへの搭載がおこなわれる見込みとのことです。

 次期RAV4もおそらくこの頃には登場していると予想されますが、世界で販売される主力モデルだけにこうした最新技術が真っ先に搭載されることが期待されます。

※ ※ ※

 次期型RAV4はどのようなクルマになるのか、SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

 多かったのは「もう6年か」「ぜんぜん古くみえない」「依然としてカッコイイ」など、現行モデルの完成度の高さを支持する声でした。

 それだけに「次期型の開発者はプレッシャーすごいだろうな」などとエンジニアを心配するコメントも。

 いっぽうで「EV(電気自動車)のRAV4って想像しづらいな」「次のRAV4にガソリン車はあるのかな」など、電動化に対し複雑な思いを語る声もみられました。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「次期RAV4!?」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 変にこだわったデザインにしないでシンプルな方が良いのでは?現車は雪道に強いとうたってますが実際には雪道でスタックしています。都心部においてもスタックします。もう少し悪路に強い車にすべきでは?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー