三菱の「ランエボ“SUV”」!? 高性能4WD&パワトレ搭載の「スポーティモデル」! 斬新ドアも採用の「e-EVOLUTION C」が今でも話題に

2017年東京モーターショーで三菱自動車が発表した「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」は、力強いオフロード性能と優れた四輪制御技術を融合させたコンセプトカーでした。そんな同車に対し、様々な反響が集まっています。

三菱自動車渾身の次世代SUVコンセプト「e-EVOLUTION CONCEPT」

 三菱自動車が2017年東京モーターショーで発表した「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」は、同社の技術と個性を凝縮したコンセプトカーでした。

 そんなMITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTに対し、SNSなどでは今でも様々な反響が集まっています。

まさにランエボSUV? 「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」
まさにランエボSUV? 「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」

 MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT は、SUV、EV、そしてシステムの融合による新たな運転体験を提案する技術的なプロトタイプであり、力強いデザインと先進的な技術を兼ね備えています。
 エクステリアでは、スタイリッシュなクーペSUV風の外観と、三菱のアイデンティティであるダイナミックシールドを進化させたフロントマスクが特徴。

 インテリアは、ホリゾンタルアクシスと呼ばれる水平基調のデザインを採用し、走行時の車両状態を把握しやすく、良好な前方視界を実現しています。

 エンジンがないEVならではの大型モニターを配し、フロントからリアまで全面ガラスにすることで、開放感と視界の良さを実現。パワートレインは、フロント1機、リア2機のモーターを備えたEVシステムで、低重心化と高性能な走りを可能にしています。

 駆動方式はデュアルモーターAYCと名付けられたトリプルモーター式の4WDシステムに、三菱が誇る車両運動統合制御システム「S-AWC」を適用。さらにブレーキキャリパーも電動化することで、4輪の駆動力と制動力を高応答・高精度で制御し、旋回性能とトラクション性能を大幅に向上させており、まさに“ランエボSUV”といえる1台に仕上がっています。

 さらに、車載AIシステムを搭載し、高精度な運転支援と独自のコーチング機能を提供。ドライバーの技量に合わせて、今まで以上にクルマを乗りこなす楽しさを提供します。

 2017年東京モーターショーでの発表時、MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTは国内外から大きな注目を集めました。

 そんな同車に対し、今でもSNSなどでは様々な反響が集まっています。

 一番多く見られるのは、「ランエボの再来と期待される1台。市販化しないかな」といった市販化に期待する声。

 また、「スタイリッシュでカッコイイデザイン。街乗りでも注目を集めそう」「先進的な技術を搭載したコンセプトカーは、夢があってワクワクする」など、エクステリアに対する称賛の声もありました。

 中には「環境にも優しいEVは、これからの時代を担う車と言える」といった環境意識の高い意見もありました。

 これらの声からも分かるように、e-EVOLUTION CONCEPTは、多くの人々に夢と希望を与えたようです。

 発表以来、e-EVOLUTION CONCEPTに関する続報はありませんが、今後の三菱車の進化から目が離せません。

【画像】超カッコイイ! 三菱「ランエボ”SUV”」を画像で見る(36枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー