スズキ最新型「バレーノ」実車公開! 全長4m以下ボディ&5速MT設定あり! 精悍&豪華さマシマシの「コンパクトカー」インドネシアに登場

スズキのインドネシア法人は、「ジャカルタフェア2024」でハッチバックモデル「バレーノ」を実車公開しました。どのようなクルマなのでしょうか。

かつて日本でも発売されていた「バレーノ」が進化していた

 スズキのインドネシア法人は2024年6月12日、首都ジャカルタでインドネシアの国家経済成長を支援するイベント「ジャカルタフェア2024」のテーマにあわせ、コンベンションホール「ジャカルタ インターナショナル エキスポ(JIExpo)」に6月12日から7月14日まで、新型「バレーノ」を展示しています。
 
 日本でも一時期発売されていたバレーノですが、どのようなクルマなのでしょうか。

エレガントで豪華なデザインへと進化! スズキ新型「バレーノ」
エレガントで豪華なデザインへと進化! スズキ新型「バレーノ」

 バレーノは、2015年にドイツ・フランクフルトモーターショーで世界デビューした5ドアハッチバックの世界戦略モデルです。

 インドのマルチスズキで生産され、世界各国で販売されています。

 なおバレーノは日本においても2016年から2020年まで販売されていましたが、現在はラインナップされていません。

 2022年にはマイナーチェンジを実施。内外装のデザインやエンジン、最新テクノロジーの導入など多くの刷新を図っています。

 エンジンには、新たに最高出力104馬力、最大トルク138Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒エンジン(K15B)を採用、これに5速MTもしくは4速ATが組み合わされます。

 ボディサイズは全長3990mm×全幅1745mm×全高1485mm。ホイールベースは2520mmです。

 外観は、新たなデザインコンセプト「リキッド フロー デザイン」に基づき、エレガントで豪華なデザインへと進化
しました。

 内装もインパネまわりなどのデザイン変更に加え、収納スペースの拡大などが実施されています。

 またヘッドアップディスプレイやエアバックの増設、新しい電子制御の導入など安全装備の拡充が行われています。

 バレーノのインドネシアでの販売価格は、2億8390万ルピア(約276万円)です。

※ ※ ※

 前述のジャカルタフェア2024 JIExpo スズキブースではバレーノのほか、「グランドビターラ」「XL7ハイブリッド」「エルティガ ハイブリッド クルーズ」などの各スズキ車を出展し、特別販売を実施します。

【画像】めちゃカッコいい! スズキ「新型バレーノ」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー