V8×MT×FR採用! 新型「スポーティセダン」初公開! “青感”高めた「豪華内装」が超カッコイイ「CT5-V ブラックウイング ル・モンストルE」アメリカに登場

2024年6月末、キャデラックは、高性能ミドルスポーツセダン「CT5-V ブラックウイング」の特別仕様車「Le Monstre Edition」を公式サイトで公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

V8+MT+FRの「新型スポーティセダン」

 2024年6月末、米ゼネラルモーターズ(GM)が展開している高級車ブランド「キャデラック」は、高性能ミドルスポーツセダン「CT5-V ブラックウイング」の特別仕様車「Le Monstre Edition(ル・モンストル・エディション)」を公式サイトで公開しました。

内装もめちゃ豪華!
内装もめちゃ豪華!

 日本市場にも導入されているミドルセダン「CT5」。その高性能グレードとしてアメリカ市場でラインナップされている「CT5-V」をベースに、より過激にモデファイしたのが「CT5-Vブラックウィング」です。

 ボディサイズは全長4950mm×全幅1882mm×全高1423mm、ホイールベース2946mm。

 パワートレインは、最高出力668hp、最大トルク91.1kgmを発生する6.2リッターV8スーパーチャージャーに6速MTの組み合わせており、後輪を駆動させます。0-60mph(約96km/h)加速は3.4秒、最高速は200mph(320km/h)をマークします。

 今回公開されたル・モンストル・エディションという名は、1950年、キャデラックがル・マン24時間レースに投入したマシンが現地で「Le Monstre(ル・モンストル=怪物)」と呼ばれていたことに由来。その風変わりなスタイリングは今も語り草となっています。

 主な特別装備は、鮮やかなブルーにペイントされた各種スポイラーとブレーキパッド、ホワイトグレーのシート&トリムにブルーをあしらった専用インテリアです。シートの背もたれやシフトノブなどには、ル・モンストルのゼッケンナンバー「2」をあしらっています。

 価格は未定ですが、発売は2025年初頭を予定しています。2025年がル・マン24時間レースの初開催から101年になることにちなみ販売台数は限定101台となります。

【画像】超カッコイイ! 新型「スポーティセダン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー