「クルマの空調」使い方間違えると「燃費悪化」も!? 「謎の“A/Cボタン”」何のため? カーエアコンの「正しい使い方」とは

カーエアコンはエンジンの力を借りて冷房や除湿を行います。そのため負荷が高いときには燃費にも影響を及ぼします。どのように工夫すればエアコンを効率的に稼働することができるのでしょうか。

エンジンの力で稼働する「カーエアコン」の効率を高めるワザとは

 真夏は、カーエアコンの冷房機能が大活躍します。しかしただ漠然とエアコンの「AUTO(オート)モード」を入れたままでは、燃費が数パーセント下がってしまうこともあるといいます。
 
 そこで、少しでも効率良くカーエアコンを使う方法について紹介します。

アナタのクルマのエアコンは常に「AUTO」へ入れっぱなしですか!?[イメージ画像:AdobeStock]
アナタのクルマのエアコンは常に「AUTO」へ入れっぱなしですか!?[イメージ画像:AdobeStock]

 クルマのエアコンは「送風機能」「暖房機能」「冷房機能」「除湿機能」、そして車種によっては除菌機能などが備わっています。

 電気自動車や燃料電池車以外のエンジン車ではほとんどの場合、燃料がエンジン内で燃える際の熱を利用して暖房機能を働かせています。

 そのため電気モーターで動く送風機能と、エンジンの熱を利用して車内を暖める暖房機能については、燃費にあまり影響しません。

 しかし冷房機能と除湿機能は、エンジンのパワーを使ってコンプレッサーを回して冷やしたり除湿をするため、これらの機能を使うと燃費にも影響を及ぼすことになります。

 したがって降雨時に窓のくもりを除去したり、猛暑下で車内を急速に冷やしたりする際は、燃費の悪化は避けられません。

 そこで今回は、少しでもエンジンに負荷をかけない「心がけ」について紹介します。

 まず簡単にできることとしては、カーエアコンの掃除をするということが挙げられます。

 家庭用のエアコンも同じですが、装着されているフィルターにホコリがつまっていると風の通りが悪くなり、カーエアコンの効率が悪くなります。

 もし汚れたままAUTOモードで使用し続けると、カーエアコンが「車内が冷えていない」と判断するので、必要以上にコンプレッサーが稼働し、結果として燃費が悪化してしまいます。

 特にクルマの中に犬や猫を乗せている人は、エアコンフィルターに大量の毛がつまっていることが多いです。

 エアコンフィルターは掃除するだけでは不充分なので、消耗品と考え定期的に交換すると良いでしょう。

 ちなみに、抗菌機能や脱臭機能がついた高性能なエアフィルターほど、フィルターの目が細かいため詰まりやすいです。

 特にフィルターの機能にこだわりが無ければ、目の粗いスタンダードのフィルターを選ぶか、こだわりがあり高性能なタイプを使う場合は、こまめに点検して早めに交換することでエアコンの風の抜けが悪くならず、燃費に影響が出にくくなります。

【画像】「えっ…!」これが高速道路で「絶対やってはいけない」行為です!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー