日産“新型”「和製スーパーカー」発表! まさかの「“スカイライン”なR34仕様」! もうファイナルな鮮烈ブルーの「GT-R」アメリカに登場

日産のアメリカ法人は2024年6月14日、「GT-R(R35型)」の特別限定車「スカイライン エディション」を13万1090ドル(約2095万円)で発売すると発表しました。実質R35型の最終モデルとなるようですが、どのようなモデルなのでしょうか。

最後の「GT-R(R35型)」として「スカイラインエディション」が登場

 日産のアメリカ法人は2024年6月14日、今秋で北米向け生産が終了となる高性能スポーツモデル「GT-R(R35型)」の特別限定車「スカイライン エディション」を13万1090ドル(約2095万円)で発売すると発表しました。

鮮烈ブルーがイイ! スカイライン仕様!
鮮烈ブルーがイイ! スカイライン仕様!

「究極のドライビングプレジャーの追求」をコンセプトに、日産のフラッグシップスーパースポーツカーとして2007年にデビューして以来、着実に進化を遂げてきたGT-R。その歴史の幕が間もなく下りようとしています。

 日本市場向けの生産については今年2024年3月に発表された2025年モデルを最後に、時期としては2025年8月に終了となる見通しです。

 一方、北米向けの生産については今年10月をもって終了となることがアナウンスされており、それに伴う特別仕様車として設定されたのが「スカイライン エディション」となります。

 もともとGT-Rは、「スカイライン」の直列6気筒エンジン搭載の高性能モデルに与えられていた称号です。

 そのヘリテージにちなんだ今回のスカイライン エディションは、「ベイサイドブルー」と名付けられた鮮やかなボディカラーと、淡いブルー系カラーを基調とした専用レザーインテリアが特徴です。

 日本でベイサイドブルーといえば「スカイラインGT-R」の最終型(R34型)に採用されていた伝説のボディカラーですが、アメリカ仕様に設定のベイサイドブルーは、日本でいうところのワンガンブルー(ベイサイドブルーのオマージュカラー)にあたります。

 スカイライン エディションは、日本仕様の2025年モデルにラインナップされている「プレミアムエディション」に準じた内容と見られます。販売台数は、アメリカで3月に発表された、もう一台の特別仕様車「T-spec Takumi Edition」と合わせて200台未満になる見通しです。

【画像】超カッコイイ! 日産 新型「"スカイラインな"GT-R」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. まーた“新型”って言っておいて今のモデルのやつじゃん。

    • マイナーや仕様違い、果ては どこぞのショップのデモカーに学生サンの作品や 妄想CGすら 現行型と違いがあれば新型なトコロだから 平常運転ねw。

  2. 新型って煽るの好きだねこのサイトww あと記事とは関係ないけど、広告も多いね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー