スズキ「斬新“タフ仕様”軽トラ」実車公開へ! 精悍「ブラック顔」×「専用カスタム」採用! 新「スーパーキャリイ」アウトドアショーで展示

スズキは「TOKYO OUTDOOR SHOW 2024」への出展概要を発表しました。軽トラックの特別仕様車「スーパーキャリイ Xリミテッド」も展示されます。

「タフ軽トラ」がアウトドアショーに登場へ

 スズキは2024年6月28日から30日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催の「TOKYO OUTDOOR SHOW 2024」にブース出展を実施します。
 
 ブースでは2023年12月に発売された軽トラックの特別仕様車「スーパーキャリイ Xリミテッド」も展示されます。

スズキの新「タフすぎ軽トラ」がアウトドアショーに登場
スズキの新「タフすぎ軽トラ」がアウトドアショーに登場

 スズキ「キャリイ」シリーズは、1961年に登場以来、軽トラックの定番として高い人気を誇ります。

 現行型は11代目で2013年に発売。居住空間の拡大や、新エンジンの採用による低燃費化と走行性能向上を図ったほか、改良で先進運転機能「デュアルカメラブレーキサポート」を採用し、安全性能を高めています。

 また2018年5月には、120mmのハイルーフ化とキャビン(居住部)を460mm延長し、室内空間を拡大した「スーパーキャリイ」がラインナップに追加されました。

 インテリアでは、180mmのスライドが可能な運転席シートを採用。軽トラックNo.1のスライド量だといい、足元空間に余裕が生まれています。

 また、シートリクライニング機構も設け、40度の可動により、ちょっとした休憩や着替えなどもしやすくなっています。

 助手席も同様にスライドとリクライニング機能を備えているほか、前倒し機能を採用。背面にシートバックテーブルを装着しており、デスク作業や食事などに活用することが可能です。

 シート自体も座面にサイドサポートを設けて撥水加工を施すなど、座りやすさと機能性を両立しています。

 パワートレインは660ccエンジンに5速MTまたは4速ATを組み合わせ、駆動方式はFRに加え、2タイプの4WDを用意。スイッチ操作によるタイプと、レバー操作で高低速の選択とデフロックも可能なパートタイムタイプが設定されています。

 そして、「Xリミテッド」は2023年12月に追加された特別仕様車で、アウトドアでも映える特別なカスタムが施されています。

 エクステリアでは、ルーフ側面やドア、フロントバンパー後端からフロントのタイヤハウス後部にかけて専用デカールを貼付。

 梨地のようなざらついた表面仕上げのブラックで、ところどころにリベットのようなデザインも施されるなど、アクセントを与えました。

 また、LEDヘッドライトは内部のインナー加飾をブラックに変更。フロントガーニッシュやフォグランプベゼルなどもブラック仕上げに変更され、統一感をもたせています。

 さらに、スチールホイールやドアハンドル、ドアミラーもブラックの仕上げとし、ベースとは一線を画すスタイリッシュな雰囲気に一変しました。

 スーパーキャリイ Xリミテッドの価格(消費税込)は151万4700円から174万3500円に設定されています。

※ ※ ※

 なお、TOKYO OUTDOOR SHOW 2024ではスーパーキャリイ Xリミテッドのほかに、2023年11月に発売された軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」、同車をベースにアウトドア風のカスタムを施したコンセプトカー「スペーシア パパボクキッチン」も展示されます。

【画像】超カッコイイ! これがスズキ「斬新軽トラ」です! 画像で見る(33枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー