アンダー150万円!? ホンダが新型「1人乗り軽バン」初公開! 黒フェイス&“割り切り”内装がスゴい! 斬新すぎる「N-VAN e:」ってどんなモデル?

ホンダは新型軽商用EV「N-VAN e:」を発表しました。ラインナップのうち、もっともシンプルなグレードとして「1人乗り仕様」が設定されたのですが、どのようなモデルなのでしょうか。

まさかの「1人乗り軽バン」登場!?

 ホンダは新型「N-VAN e:(エヌバンイー)」を2024年10月10日に発売する予定です。
  
 新型N-VAN e:は、軽商用バン「N-VAN」をベースにした軽商用EV(電気自動車)です。
 
 N-VANが持つ、低床でフラットな室内や床下格納可能な助手席による広い室内空間、左側のセンターピラーレス構造による積載性の良さなどに加え、EVならではの環境性能や静粛性、給電機能などを搭載しました。

黒顔&運転席のみの「1人乗りN-VAN e:」とは?
黒顔&運転席のみの「1人乗りN-VAN e:」とは?

 新型N-VAN e:のデザインはN-VANと共通ですが、フロントに充電口をそなえたほか、フロントグリルに使用済みホンダ車に由来するリサイクル材を用いて環境への取り組みを表現しています。

 インテリアは、コンテナのような縦ビード(凹凸)をあしらい、堅牢感のアップとトリムの肉薄化を実現。室内空間の拡張にも役立っています。

 また、エアコンやシフトパネル、収納トレー、充電用USB端子などを運転席側に近づけて使い勝手を向上。シフトはボタン式としたほか、シンプルな2本スポークのステアリングを採用するなど、すっきりとした運転席まわりを実現しました。

 パワーユニットは39kWのモーターと82.7kWhのバッテリーを搭載。一充電走行可能距離は245km(WLTCモード)とし、配送業務にも対応する十分な能力を備えています。

 給電は3.2kW/6kW普通充電と、一部グレードでは50kWの急速充電にも対応し、30分ほどで80%まで充電することができます。

 さらに、バッテリーを加温し航続距離の伸長を図る機能や、1500W対応の外部給電機能、リモート充給電の設定が可能なコネクテッド機能「ホンダ コネクト」も利用できます。

 先進機能では、衝突被害軽減ブレーキやリアパーキングセンサー、前席SRSサイドエアバッグを全車で採用。上級グレードでは「ホンダ センシング」が標準装備されました。

 新型N-VAN e:では、商用から個人ユースまで幅広いニーズに応えるラインナップとして、「e:L4」「e:FUN」「e:L2」「e:G」の4グレードが用意されます。

 e:L4とe:FUNは4人乗りですが、e:L2とe:Gは乗車人数を減らし、積載性と機能性を最大限に高めた仕様となっています。

 なかでもe:Gは非常にユニークかつもっとも安価なグレードとなっており、ドライバー1名での利用を想定し、シートは運転席1席のみを設定。荷物を積載することに特化させました。

 より長尺の物を積めるよう助手席側のインパネを垂直にして室内をよりスクエアにしたことで、N-VANよりも95mm室内長を延長し、後ろから前までムダなく荷物を積めるような工夫が施されています。

 さらに、助手席を無くしたことによって4人乗りのe:L4よりも120mmフロア高を下げることができ、使い勝手も向上させました。

 e:Gは外観も特徴的で、フロントやリアバンパーに黒い樹脂パーツが多用され、黒いスチールホイールを装着。シンプルを最優先したデザインですが、逆にそれが精悍なスタイルを演出しているようです。

 ボディカラーは「タフタホワイトIII」と「ルナシルバー・メタリック」の2色に厳選されました。

※ ※ ※

 もっともシンプルなe:Gの価格(消費税込)は243万9800円から254万9800円。

 事業者用補助金(LEVO補助金)が適用された場合、e:Gでは100万4000円の補助金が交付され、ガソリン車のN-VANと同等の143万5800円からで所有することができるとされています。

 なお、e:Gは、本田技研工業 法人営業部およびホンダの新車オンラインストア「Honda ON」限定で取り扱われることになっています。

【画像】超カッコイイ! これが斬新「1人乗り軽バン」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー