“直6”×MT設定あり! 新型「“コンパクト”クーペ」公開! 後輪駆動“継続採用”でめちゃ楽しそうな「M2」独で登場

独BMWは2024年6月13日、「M2」の改良新型を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

新型“超高性能コンパクトクーペ”「M2」公開

 独BMWは2024年6月13日、高性能コンパクトクーペ「M2」の改良新型を発表しました。

コンパクトなボディでめちゃ楽しそう! 新型「M2」
コンパクトなボディでめちゃ楽しそう! 新型「M2」

 M2は、BMWの高性能モデルを手掛けるBMW M社が開発したコンパクトな2ドアクーペ。1973年に登場した歴史的名車「2002」の再来ともいえる内容で2016年に初代がデビューし、現行モデルは2022年にフルモデルチェンジを受けた2代目にあたります。

 ボディサイズは全長4580mm×全幅1885mm×全高1410mm、ホイールベース2745mm。後席を備えた4人乗りで、BMW伝統の直6エンジン×後輪駆動を採用します。

 サーキットでの本格的な走行を可能とした「Mハイ・パフォーマンス・モデル」に位置づけられます。

 デザインは「2シリーズ クーペ」をベースとしながらも、バンパー左右に設けた大型のエアインテーク、横バーを採用したフレームレスのキドニーグリル、大きく張り出したフェンダーなどで差別化され、より精悍な雰囲気を醸し出しています。

 パワートレインは3リッター直6ツインパワーターボガソリンエンジンに、8速ATまたは6速MTを組み合わせています。

 今回の改良によって最高出力は20psアップの480ps。最大トルクは50Nmアップの600Nm(6速MT車は550Nmのまま)となり、そのトルクバンドも2650~6130rpmとより幅広くなっています。

 コックピットは12.3インチの情報ディスプレイと14.9インチのコントロールディスプレイで構成されたフルデジタルスクリーンを採用。一見しただけでは大きく変わっていないようにも見えますが、インフォテインメントシステムのアップデートなどにより物理スイッチの数が減り、中央の空調吹き出し口のデザインも変更されています。

 ボディカラーの新色としてサンパウロ・イエローやポルティマオ・ブルーなどが加わり、鮮やかなカラーが充実したのも新型の特徴です。生産はメキシコで、新型2シリーズクーペと並行して行われます。

 2024年8月から段階的に生産が開始され、世界中で発売されます。総販売数の40%以上はヨーロッパになりますが、単一市場で最も多いのはアメリカ。次いでドイツ、中国、イギリス、日本となります。

【画像】超カッコイイ! 新型「“コンパクト”クーペ」を画像で見る(33枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー