• くるまのニュース
  • 試乗記
  • 【試乗】スズキ新型「スイフトスポーツ」は現代のハチロク! その軽さの恩恵とは?(写真23枚)

【試乗】スズキ新型「スイフトスポーツ」は現代のハチロク! その軽さの恩恵とは?(写真23枚)

4代目になるスズキの「スイフト」は発売時、徹底した軽量化が話題になりました。そのスポーツモデルである新型「スイフトスポーツ」も、やはりその軽さが最大の特徴でしょう。それはまるで、あの往年の名車のようでした。

「軽さ」こそがアイデンティティ!

「これは現代のAE86だ!」

 スズキ 新型「スイフトスポーツ」のステアリングを握り、その俊敏な身のこなしと力強いエンジンパワーを味わって、私(山田弘樹:モータージャーナリスト)は素直にそう感じました。

4代目を数える新型「スイフトスポーツ」(2017年9月28日、佐藤正勝撮影)。

 今でも86年式のトヨタ「スプリンター・トレノ」(通称ハチロク)に乗り続けている私がいうのだから、間違いありません!(笑)。新型「スイフトスポーツ」はそれくらい、痛快なコンパクトスポーツに仕上がっていたのです。

 その名のとおり「スイフトスポーツ」は、スズキのコンパクトカーである「スイフト」の、最もスポーティなモデルです。軽自動車を主体にするスズキにとっては大柄な部類に入る「スイフト」ですが、世界的な基準で見れば2番目に小さな「Bセグメント」に属するクルマ。日本だとトヨタ「ヴィッツ」やホンダ「フィット」、マツダ「デミオ」がそのライバルです。

新型「スイフトスポーツ」は2017年9月20日発売(2017年9月28日、佐藤正勝撮影)。

 こうしたなかにあって現行「スイフト」のキャラクターを決定づけたのは、なんといってもその「軽さ」でした。スズキは2014年に「アルト」を発売したあたりからこの車体軽量化に大きく力を注ぐようになり、その勢いは群を抜いていました。ちなみに現行「スイフト」では先代モデル比で、なんと120kgの軽量化を実現。一番軽いモデル「XG」(5MT)では、実に840kgという車両重量を達成しているのです。

 ですからこれをベースに作られる「スポーツ」が優れた運動性能を持つことは、試乗前から容易に想像できていたのですが……。これがその予想を超えるほどのでき映えとなっていたのです。

この記事の画像をもっと見る(23枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

最新記事