ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売

2024年6月13日、ホンダの純正アクセサリーなどを扱うホンダアクセスは、新型 軽商用EVバン「N-VAN e:(エヌバンイー)」用の純正アクセサリーを10月10日より発売すると発表しました。商用ユーザーから個人ユーザーまで、さまざまなアイテムが用意されます。

車載バッテリーで「家電」が使える給電アイテムも用意!

 ホンダの純正アクセサリーなどを扱うホンダアクセスは、2024年6月13日に発表された新型 軽商用EV(電気自動車)バン「N-VAN e:(エヌバンイー)」用の純正アクセサリーを10月10日より発売します。
 
 純正アクセサリーは、商用ユーザー向けに加え、新型N-VAN e:を趣味などで活用する個人ユーザー向けのアイテムなど、さまざまなパーツが用意されます。

斬新“黒ボンネット”仕様も! ホンダ 新型軽商用EV(電気自動車)「N-VAN e:」純正アクセサリー装着例
斬新“黒ボンネット”仕様も! ホンダ 新型軽商用EV(電気自動車)「N-VAN e:」純正アクセサリー装着例

 軽商用EVの新型N-VAN e:は、2018年に登場した軽商用バン「N-VAN」をベースにしたニューモデルです。

 N-VANはFF軽乗用車のプラットフォームをベースに開発され、フラットな低い床と高い天井による広い荷室容量や、助手席側のセンターピラーをなくした大開口部を持つなど様々な特徴を持ちます。

 新型N-VAN e:は、そんなN-VANの特徴である大容量の荷室空間を維持しながら、商用需要に耐えうる実用航続距離を確保。商用仕様から個人ユーザー需要向けまで全4グレードを用意します。

 販売価格(消費税込み)は243万9800円から291万9400円まで。事業者用補助金(LEVO補助金)を適用した場合、全グレードで200万円を切る価格になるといいます。

 そんな新型N-VAN e:へ新たに用意された純正アクセサリーは、商用などの「ワーキング」シーンと、趣味などの「ホビー」シーンそれぞれのシーンにおいて積載性や、機能性、快適性をより高めるアイテムをラインアップ。

 コンセプトに「EV最大活用“FUN”ctional(ファンクショナル)コンテナ」を掲げ、EVならではのアイテムを充実させました。

 給電・充電アイテムでは、それぞれ7mと15mのEV・PHEV充電屋外コンセントに対応するAC200Vの「充電ケーブル」や、緊急時への備えとしてAC100Vコンセントからの充電が可能となる「100V充電用アダプター」が用意され、さまざまな充電環境に合わせて選べるようラインナップします。

 また、新型N-VAN e:のバッテリーからAC100V給電が可能な「AC外部給電器(Honda Power Supply Connector)」を設定し、最大1500Wで家電製品などの使用が可能とします。

 さらに接続することで車内のコンセントへの給電が可能な「外部電源入力キット」や、屋外での充電時に充電ポートの汚れを防ぐ「ポートリッドカバー」も用意されます。

 外観を彩るアクセサリーでは、自分好みのカスタマイズを楽しめるアイテムとして「フードラッピング」や「デカールEV」など、各種デカールが揃います。

 内装では、新型N-VAN e:の広大な荷室空間をさらに便利に活用するためのアイテムとして「メッシュポケット」や、荷室上部のデッドスペースを活用する「クロスバー」、ルーフサイドを活用する「ルーフインナーラック」などを用意。

 さらに助手席用に厚みを持たせクッション性を高めた「シートカバー」など、商用だけではなく趣味のが多数ラインナップされます。

 環境負荷ゼロ社会実現に向けた取り組みとしては、リサイクルPET素材を採用した「フロアカーペットマット」も設定しています。

 このほか、Honda純正ナビゲーション「ギャザズ」シリーズでは、EV向け機能が搭載された「8インチHonda CONNECTナビ」を設定。

 ルート検索時には航続可能距離が表示され、航続可能距離を超える場合にはナビ画面にアラートが表示されます。

 現在地周辺の充電スタンド検索も可能で、さらにHonda Total Careへ加入することにより最新の充電スタンド情報に加え、満空情報や急速・普通充電の種別の表示が可能になります。

【画像】めちゃ楽しい! ホンダ新型「軽EVバン」アクセサリーを画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. N-VANかフィットの本格ジムカーナ仕様を今すぐ売ってくれ。
    今のホンダの経営陣は、ホンダにわかなのか?
    特に三●敏宏!
    電動化戦略にNOと答えた人は、更迭かクビにされたんだろうな。
    富士山の猿じゃねぇんだからちったぁ頭冷やして、無理ゲーな電動化戦略を改めろ!
    エンジン技術捨てたら、潰れるぞ!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー