ホンダが新型「ビート」初公開! “スポーティ×経済的”な「2シーター仕様」で復活か! “名車”を継ぐ「新型二輪モデル」を尼で発表

2024年6月3日、ホンダが新型「ビート」を発表しました。新たな姿となって海外に姿を現した新型ビートとは、一体どのようなモデルなのでしょうか。

ホンダが新型「ビート」発表!

 ホンダの「ビート」と聞くと、かつて1991年に登場したオープンタイプの軽乗用車を思い出す人も多いでしょう。
 
 同車は、軽乗用車のみならず量産車としても世界初となるミッドシップ・フルオープンモノコックボディを採用。
 
 エンジンを座席後部に搭載し後輪を駆動し走行する2シーターオープンカーで、斬新でキュートな内外装デザインも相まって「“見て、乗って、走って”楽しい」クルマと評価され、高い人気を博しました。

ホンダが新型「ビート」発表!
ホンダが新型「ビート」発表!

 そんなビートの名を冠する新型モデルを、ホンダがインドネシアで公開したといいます。

 同国におけるホンダ車の生産と販売を担う合弁会社「PTアストラ・ホンダモーター(AHM)」は2024年6月3日、全く新しいデザインをまとう新型ビートを発表。

 このビートは2人乗りのスクーターで、最高出力6.6kW・最大トルク9.2Nmを発揮する110ccのエンジンを搭載したスポーティなモデルとなっています。

 そのエクステリアは、若いユーザーに人気の曲面的なデザインを採用したスタイリッシュなデザインとなっており、またスマートキーシステムやアラームなど、日常のドライブに安心感をもたらすクラストップの最新機能が多数装備されました。

 さらに新型ビートには様々な派生タイプも取り揃えられ、最大出力12ワットの充電器を搭載する実用的な「タイプCBS」のほか、アイドリングストップ機能を搭載した経済的な「デラックス」、そして12インチの幅広タイヤなどストリート風のカスタムが純正状態で施された「ストリート」をラインナップ。

 燃費性能にも優れる同車は最大で60.6km/Lを発揮し、1回の満タン給油で254.52kmの距離を走破可能だといいます。

 この新型ビートについてAHMの社長である三石進氏は以下のように述べています。

「新型ビート シリーズは、スタイリッシュでありながら、コンパクトでスリムなボディデザインを維持し、また日常生活にともなう利便性、実用性、安全性、そして現代的な機能を提供することで、ドライバーの様々なニーズをサポートします」

 新型ビートの車両価格は1843万ルピアから1983万ルピア、日本円で約17万8000円から約19万2000円となっています。

※ ※ ※

 実はビートという車名は、もともと軽乗用車よりも先に二輪車で採用されていたもので、1983年に登場した50ccの2ストロークエンジンを搭載したスクーターが、ビートとしては原初のモデルとなります。

 そのような歴史を紐解くと、今回発表された四輪車でない新型ビートは、歴代モデルの正当な後継車と言えるのかもしれませんね。

【画像】超カッコイイ! これがホンダ新型「ビート」です(34枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

7件のコメント

  1. ビート復活を心底待ち望んでいるファンを釣って楽しいですか?

    •  もともと、「ビート」は50ccのスクーターの名前だったので、いいんじゃないの?

    • 導入部が悪意の塊だよな
      PV稼げるならなにやってもいいって意識の顕れ

  2. 二輪車も「2シーター仕様」て言いますの?

    • 2輪はタンデム2シーターと言う。

  3. オープン2シーターミッドシップ!これで6MTとかなら最高だがなw 2輪であろうが4輪であろうが、どっちでもエエから日本で売れ♪

  4. PCXとDioのガッチャンコ。夢で終わる140キロのスピードメーター。日本人受けしないスタイルだが床がフラットなので格安だと通勤おじさんに人気が出るタイプだろう・・・。それにしてもビート・2シーター・名車で釣らないことだな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー