トヨタ新型「ライズ」発表へ!? コンパクト“スポーティ”SUV爆誕へ!精悍エアロが超カッコイイ「ライズGRS」カンボジアで予約受付開始

トヨタのカンボジア法人は2024年5月15日、コンパクトSUV「ライズ」の新たなスポーティ仕様と見られる「ライズ GRスポーツ」の事前予約を開始したと発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「スポーティ“ライズ”」登場へ

 トヨタのカンボジア法人は2024年5月15日、コンパクトSUV「ライズ」の新たなスポーティ仕様と見られる「ライズ GRスポーツ」の事前予約を開始したと発表しました。

めちゃ速そう! トヨタ新型「ライズGRスポーツ」
めちゃ速そう! トヨタ新型「ライズGRスポーツ」

 ライズは、2019年に登場したコンパクトSUV。ダイハツ「ロッキー」のOEM車で、日本のみならず国外の一部地域でも展開されています。

 ボディサイズは、ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm、ホイールベース2525mmと、5ナンバーサイズに収まるSUVで、日本やカンボジア市場で展開されるトヨタのSUVの中では“最小”のモデルです。

 パワートレインには、日本では、FFモデルに1.2リッターエンジンを、4WDモデルに1リッターターボエンジンを搭載するほか、モーターを組み合わせたハイブリッド仕様もラインナップしていますが、カンボジアでは日本にはない1.0リッターターボエンジン×FFの組み合わせのみが展開されます。

 今回、そんなカンボジアのライズに、新たな仕様と見られる「ライズ GRスポーツ」を設定するといい、事前予約がスタートしています。

 GRといえば、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカー商品群。「GRヤリス」などのモータースポーツ直系スポーツカーブランド「GR」シリーズや、拡販スポーツモデルとなる「GRスポーツ」に加え、標準グレードに装着できるGRパーツが存在します。

 スポーティモデルの立ち位置となる「ライズGRスポーツ」はインドネシアに存在するため、カンボジアものもこれと同等のものと推測されます。

 ライズGRスポーツは、インドネシア市場で2021年4月30日に現地仕様のライズとあわせて発表されたモデルで、フロント/リアバンパー、サイドスカートに専用のエアロパーツを装着。

 内装はファブリックとレザーのコンビシートとなるほか、レザーステアリングホイール、パドルシフトを採用。運転時にもスポーティな雰囲気を感じられるSUVに仕上げたモデルです。

 カンボジアにおけるライズ GRスポーツでは、ボディカラーにモノトーンとツートンを用意する模様。価格は、モノトーンが2万8000米ドル(約440万円)、デュアルトーンが2万8400 米ドル(約446万円)です。

 正式な発表日は、報じられていませんが、まもなくの公開が予想されます。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「ライズ」を画像で見る(26枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. セカイの誇れる情報サイトデスネ❢
    こう言うサイトがあるだけで日本人として幸せです!
    世界中に日本車の情報で凄いです!!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー