約110万円で買える! 三菱が新型「軽トラック」発表! “5MT”&オシャグリーン設定! 「みのり」も用意の「ミニキャブトラック」に販売店でも反響アリ

三菱は、軽商用車「ミニキャブ トラック」の一部改良モデルを2024年5月27日から発売開始しました。販売店ではどのような反響があるのでしょうか。

三菱「ミニキャブ トラックに新色追加

 三菱は、軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良を実施し、発売を開始したことを2024年5月27日に明らかにしました。販売店ではどのような反響があるのでしょうか。

グリーンもカッコイイね! 新型「ミニキャブ トラック」
グリーンもカッコイイね! 新型「ミニキャブ トラック」

 三菱の軽商用車「ミニキャブ」シリーズは、1966年に誕生しました。

 現行型のミニキャブ トラックは、2030mmの長さを確保した広い荷台や、室内幅1310mmとゆとりある車内空間となっており、荷台の床面地上高は650mmと、積載や積み下ろしのしやすさも特徴です。

 また最小回転半径3.6mと小回りが利き、ショートホイールベースで悪路走破性が高く、積載時の重量バランスにも優れています。

 グレードは充実装備の最上位グレード「G」、農業等での利用に適した装備を付したグレード「みのり」、基本装備のベーシックグレード「M」の3種類を展開します。

 今回の改良では、主に燃費性能の向上と安全装備が強化されました。

 燃費性能では、トランスミッションに5速MTを搭載した全モデルにアイドリングストップシステム「オートストップ&ゴー」を追加したことで燃費効率を最大約3%向上。

 安全面では全グレードにリアパーキングセンサー、およびメーター内のリアパーキングセンサー表示灯を標準装備。

 また「G」「みのり」グレードに標準装備されていた後方誤発進抑制機能に、新たにブレーキ機能が追加されました。

 後方誤発進抑制機能作動中に、障害物衝突のおそれがあるとシステムが判断した場合、ブレーキ制御が作動して誤操作による衝突回避、衝突被害軽減に貢献します。

 機能面では「M」「みのり」グレードに、キーレスエントリーシステムやパワードアロック、パワーウインドウを標準装備し、利便性を向上しています。

 さらに最上位の「G」グレードにはLEDヘッドライト、電動格納式リモコンドアミラーを採用し、新たな外装色として「クールカーキパールメタリック」が追加されました。

 販売店での反響について、千葉県の三菱販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「今回の改良では機能面や安全面がより充実しました。また新たなボディカラーとして濃いめのグリーンカラーがラインナップしたことも特徴のひとつです。

 当店での反響はちらほらといったところで、まだ多くはないですが新たなカラー展開もあるのでこれからといったところですかね」

 別の販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「軽トラをお使いのお客さまだと、例えば農家の方だと長期間フルに使って故障、年数経過して壊れてきたという方が買い替えを検討される方が多いですね。

 お客さまによってはこちらから買い替えの時期についてお声がけさせていただくこともあります。

 ですので今回の改良での反響というよりは、これから買い替えの時期のタイミングでお問い合わせは増えてくるかなというところです。

 納期は3、4か月ほどを見ていただければと思います」

※ ※ ※

 今回一部改良したミニキャブトラックの車両価格(消費税込み)は、110万3300円から159万600円です。

 なお現行モデルのミニキャブトラックは、スズキから「キャリイ」のOEM供給を受けて販売されるモデルとなっています。

【画像】「えっ…!」 これが三菱の新型「軽トラック」です(12枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー