6時間7万円超! ホンダ新型「NSX」のレンタカー登場 高級すぎるレンタカーは誰が借りるのか

オリックスレンタカーが、メーカー希望価格2370万円というホンダの新型「NSX」を導入。値段は6時間7万200円~で、38歳未満は貸出不可という条件付きですが、どのような需要があるのでしょうか。

納車まで1年 希少車種とはいえ…条件が厳しすぎる?

 レンタカー大手、オリックスレンタカー(東京都港区)のフランチャイズであるタステック・レンタリース(北九州市小倉北区)が、オリックスレンタカー八幡インター店(北九州市八幡西区)にてホンダ新型「NSX」のレンタルを2017年9月1日(金)から開始します。

オリックスレンタカー八幡インター店で貸し出される新型「NSX」の実車(画像:オリックスレンタカー)。

 この新型「NSX」はアメリカの工場で生産されている車種で、2016年8月に受注開始、2017年2月から日本でも発売されています。メーカー希望価格は2370万円(税込。以下同)で、日本での年間販売台数は100台。大手レンタカー会社では初の導入だといいますが、発注から納入まで約1年かかったそうです。

 レンタル価格は6時間で7万200円、24時間で11万7720円で、オリックスレンタカーによると「当社の乗用車タイプとしては最も高額」だそうです。加えて、利用には「運転免許歴20年以上」「ゴールド免許保有」などの条件があります。つまり、38歳未満は借りたくても借りられません。

 いかに希少車種とはいえ、価格的にも条件的にも厳しく感じられるかもしれませんが、どのような需要が見込まれているのでしょうか。オリックスレンタカーに話を聞きました。

――なぜ新型「NSX」を導入したのでしょうか?

「オリックスは面白い取り組みをしているな」と思ってもらいたい、という点が大きいです。トヨタレンタカーさんや日産レンタカーさんなど、メーカー系のレンタカーには、そのメーカーのクルマを知ってもらいたいという目的がありますが、当社はそうではありません。一般的なレンタカーにはないような高級車や輸入車を、これまで700台ほど導入しています。

――貸出条件が厳しすぎるように思えますが、なぜでしょうか?

 当社は過去にも同様の貸出条件をつけた実績があります。2008(平成20)年に大手レンタカーで初めて日産「GT-R」を導入し、1日3万5000円という価格で貸し出しました。そのときも「運転免許歴20年以上」「ゴールド免許」という条件をつけたにもかかわらず、大好評を得ました。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2 3

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事