6時間7万円超! ホンダ新型「NSX」のレンタカー登場 高級すぎるレンタカーは誰が借りるのか

「『わ』ナンバーが恥ずかしい」は過去の話

――どのような需要を見込んでいるのでしょうか?

 1990年代から2000年代にかけて日本で製造され、人気を博した「NSX」を「懐かしい」と思っていただけるような、中高年のクルマ好きの方を想定しています。「乗りたいけれど、買うには辛い」という方にニーズがあると考えています。

※ ※ ※

 高級車や輸入車を増やしているのはオリックスレンタカーなどの大手だけではありません。これらに特化した中小のレンタカー会社も増えているようです。

 福岡県と熊本県で、ポルシェ「ボクスター」など高級車専門のレンタカー事業を手掛けるエグゼクティブレンタカー(福岡市東区)によると、「当店を利用されるお客様は『買う前に乗ってみたい』という方が多いので、高級車・輸入車の販売台数が伸びていることも影響していると思います。また、自分のクルマを持っていて『別のクルマにも乗ってみたい』という方もいらっしゃいます。おもに利用されるのは、クルマにこだわりを持ち、よく知っている方です」と話します。

 オリックスレンタカーによると、このようなクルマをよく知る人にとっては、「『わ』ナンバーなんて恥ずかしい」という風潮があったそうですが、「その抵抗がなくなってきていると感じます」と話します。「わ」はレンタカーのナンバープレートに書かれるひらがなのひとつです。

 同社は「1台にこだわりをもつのではなく、様々な車種を賢く借りて使うという、『所有』にこだわらないライフスタイルが広がっています。ライドシェアやカーリースも業績が伸びているのも、その表れでしょう」と分析しています。

【了】
提供:乗りものニュース

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事