トヨタ新型「クラウン“クルーガー”」公開! “迫力顔“の「3列SUV」! 豪華内装&オシャブルー新採用の「新モデル」中国に登場

トヨタと中国第一汽車集団の合弁会社「一汽トヨタ」は2024年6月2日、7シーターSUV「クラウンクルーガー」の改良型を公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「クラウン“クルーガー”」公開

 トヨタと中国第一汽車集団の合弁会社「一汽トヨタ」は2024年6月2日、中国深センで開催の国際モーターショー(会期2024年6月1日から9日)で、7シーターSUV「クラウンクルーガー」の改良型を披露し、最大4万9000元(約105万円)の値下げを発表しました。

豪華内装がイイ! トヨタ新型「クラウンクルーガー」
豪華内装がイイ! トヨタ新型「クラウンクルーガー」

 クラウンクルーガーは中国で2021年に鳴り物入りでデビュー。といってもメカニズム的には新規開発ではなく、2019年にフルモデルチェンジした3列シートSUV「ハイランダー」(4代目)の兄弟車という位置づけで、フロントのグリル及びバンパーのデザインで差別化されています。中国国内で生産され、中国専売となります。

 ボディサイズは全長5015mm×全幅1930mm×全高1750mm、ホイールベース2850mm。

 フロントグリル中央にあるのは、日本人にお馴染みの王冠マークです。シート配列は2-3-2の7人乗り。2列目は6:4、3列目は5:5の分割可倒式になっており、乗車定員や荷物の量に合わせたシートアレンジが可能です。

 パワーユニットは2.5リッターハイブリッド(システム最高出力246PS)または2リッターターボ(最高出力248PS)の2種類。前者はFFまたは4WD、後者は4WDとなっています。

 今回発表された改良モデルは、ボディカラーのラインナップに陰影に富むダークブルー系の新色が追加され、新デザインの20インチ切削アルミホイールが設定されました。

 インテリアは、ナッパレザーシートや木目調加飾によって高級感が向上し、インフォテインメントシステムのアップデートによって利便性も向上しています。

 価格は28万4800元(約625万円)から。従来モデルと比べて最大3万5000元(約75万円)安くなっており、さらに1万5000元(約30万円)の特典を加えると最大4万9000元相当の値引きになります。

トヨタ・クラウン のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「クラウン“クルーガー”」を画像で見る(47枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. また見出しが「オシャブルー」(笑) 「オシャ」を流行らせようとしいるの? ダサ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー