ガソリン給油は「満タン派」それとも「半分派」!? クルマにイイのはどっち? ガソリンを入れる最適なタイミングと量とは?

給油する際にガソリンを満タンにするのか、それとも半分だけ入れるのか、どちらの方法がクルマにとって最適なのでしょうか。

ガソリンは満タン派?半分派?

 ガソリン価格が高騰する中、多くのドライバーが少しでも燃費を向上させる方法を模索していると共に、給油の量やタイミングについての議論が熱を帯びています。
 
 ガソリンを満タンにするのか、それとも半分だけ入れるのか、どちらの方法がクルマにとって最適なのでしょうか。
 
 今回は、給油に関する様々な視点から最適な方法を検討し、そのタイミングについても解説します。

ガソリンは満タンか半分どっちが良い?
ガソリンは満タンか半分どっちが良い?

 まず、ガソリンを入れる量については、満タンに入れるべきだという意見と、半分程度にしておくべきだという意見があります。

 満タンに入れるメリットとしては、長距離走行や緊急時に備えてガソリンを多めに確保しておける点が挙げられます。

 近年、地震などの災害が頻発しており、災害時にはガソリンスタンドが営業していなかったり、ガソリンが売り切れたりしてしまうことがあります。

 こうした状況に備えて、ガソリンを満タンにしておくことで、車内で電気や空調を使用しながら避難できるため、危機管理上は理にかなった選択といえるでしょう。

 一方で、半分だけ入れる方が良いという意見もあります。

 ガソリンの重量は1リットルあたり約0.75kgで、例えば40リットルのタンクの場合、満タンと半分の20リットルで比較すると、重量の差は約15kgになります。

 車の重量を減らすことで、燃費が若干向上するという理屈です。

 しかし、この差は燃費に大きな影響を与えるわけではなく、実際の燃費向上効果はごくわずかです。

 燃費を改善したい場合は、急なアクセルやブレーキを避け、無駄な荷物をクルマから降ろすなど、ガソリンの量よりも運転方法を見直し効率化を図ることの方が効果的です。

 ガソリンの量について、実際に都内のガソリンスタンドのスタッフに聞いてみたところ、次のように述べていました。

「ガソリンの給油器は満タンになると自動で止まりますが、それでもさらに注ぎ足して入れようとすると、ガソリンが吹きこぼれることがあります。

 非常に危険ですので、ギリギリまで満タンにするのはおすすめしません。

 適度に入れるのがベストだと思います」

【画像】えっ!…これが給油口の 「ビックリな構造」です(25枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. 燃料ランプが付いたら 満タン給油 その時 ねんぴ計算←これ真っ当なドライバーだろ

  2. またこのネタですか。このネタは今年に入ってから3度目ですけど、毎年2~3回の出現率だがもういい加もっと他の話にシフトしたらいかがですかね。

  3. ランプが点灯して数キロしかし走らない車なんてあるんですか?いい加減な記事書かないで。

  4. 総合的に判断で半分になったら給油。
    災害が起きた時の判断が一番大事。
    基本です。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー