日産「レパード」(2代目) 「あぶない」あのふたりも駆った高級パーソナルクーペ(写真37枚)

日産「レパード」は同時期のライバルが強すぎるという、不運な1台でした。しかしとあるTVドラマをきっかけにその認知度は爆発的に高まり、記録よりも記憶に残るクルマとなります。どのような運命をたどったのでしょうか。

打倒「ソアラ」! 真っ向勝負の行方は…?

 1986(昭和61)年2月、フルモデルチェンジで2代目に進化した日産「レパード」は、2ドアクーペの高級パーソナルカーに仕上げられていました。

1986年発売の日産「レパード アルティマ」。レパードは英語で「豹(ひょう)」の意(画像:日産自動車)。

 これは1981(昭和56)年に登場し、爆発的人気を呼んだトヨタ「ソアラ」に真っ向勝負を挑んだもの。実のところ日産は、「ソアラ」より1年早い1980(昭和55)年に、同じ路線を狙った2ドア及び4ドアハードトップの初代「レパード」を投入していました。しかし、トヨタの最新技術を集結させた完全新設計車の「ソアラ」の出現は、レパードの存在を大きく脅かすものでした。そのリベンジを駆けたのが、この2代目だったのです。

 このため、初代「レパード」にあった実用性の高い4ドアハードトップを思い切って廃止。デザインも初代のようなモダンさよりも、オーソドックスな路線とし、優雅さを際立たせたアダルトなクーペに纏められていました。

 エンジンは、3.0LのV6ツインカムエンジンをはじめ、最新世代のV6エンジンのみとし高級感を演出。機能面では、デジタルメーター、ABS、そして、超音波ソナーによる「スーパーソニックサスペンション」など最新装備を積極的に採用していました。

この記事の画像をもっと見る(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事