約全長6m×全幅2mの「デカすぎマシン」日本初公開! トヨタ「ハイラックス」超えの「シルバラード」日本導入へ? 突然公開の目的は?

2024年6月1日、ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「シボレーファンデイ2024」を開催。同イベントにて、同社は新型「コルベット E-Ray」を日本初公開しましたが、同時にシボレー「シルバラード 1500 ZR2」も実車展示しました。どのような目的なのでしょうか。

全長約6m×全幅約2mの「デカすぎマシン」日本導入へ…?

 2024年6月1日、ゼネラルモーターズ・ジャパンは、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)にてファンイベント「シボレーファンデイ2024」を開催しました。

 同イベントにて、同社はハイパフォーマンス・スポーツカー新型「コルベット E-Ray」を日本初公開しましたが、同時にシボレー「シルバラード 1500 ZR2」も実車展示しました。

 同車は日本未導入のクルマで、ゼネラルモーターズ・ジャパン正規としては、日本で展示するのは初めてだといいます。

デカイ!デカすぎる! シボレー「シルバラード 1500 ZR2」
デカイ!デカすぎる! シボレー「シルバラード 1500 ZR2」

 シボレーはアメリカに本拠を置くGMの乗用車ブランドの一つ。そんなシボレーが展開する巨大なピックアップトラックが「シルバラード」です。

 アメリカ本国や、オーストラリアなどで展開されるモデルで、現行型は2018年に登場した4代目です。

 今回展示されたのも、この4代目。シルバラード 1500 ZR2という4ドアの本格オフロードモデルです。

 ボディサイズは、全長5931mm×全幅1991mm×全高2074mm。全長は6m、全幅は2m近く、さらに全高は2mを超えるおおよそ“日本向け”とは思えない巨大なボディです。

 ピックアップといえば、日本で正式展開されているのは、トヨタ「ハイラックス」と三菱「トライトン」ですが、それよりも一回り以上大きいサイズ感です。

 エクステリアは、大胆で押出し感の強いアメリカンな迫力あるデザイン。鮮烈なブルーメタリックのボディに、所々に散りばめられた赤いアクセントが映えます。

 インテリアは、直線基調のデザインで、タフな印象を高めています。おおよそ5人乗りとは思えない広大な空間が広がっており、巨大すぎるセンターコンソールなどが、異国感を強調します。

 パワートレインは、最高出力426馬力・最大トルク624Nmを発揮する6.2リッターV型8気筒エンジン(OHV)。これに組み合わせるのはトランスミッションクーラー付き10速ATです。

 駆動方式はもちろん4WD、2H・4H・4L・AUTOの4つのモードが選択可能なセレクタブル4WDシステムです。

 今回展示されたシルバラード 1500 ZR2は、アメリカ仕様ではなく、オーストラリア仕様の“右ハンドル”モデル。わざわざ右ハンドルを展示したのは日本導入検討なのでしょうか。この点について担当者は以下のようにコメントしています。

「今回の展示は“テストマーケティング”です。多くの要望をいただけば日本導入もあるかもしれませんね」

 実際展示車両には、アンケートフォームが添えられており、シルバラード 1500 ZR2についての“評判”を収集している様子でした。

 現行型シルバラードについては、現在正規の輸入はなく、一部並行輸入業者が販売しているのみにとどまっていますが、今後正規輸入される可能性を完全には否定できない様子でした。

【画像】超カッコイイ! シボレー新型「デカすぎマシン」を見る(19枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 狭い日本の道路状況じゃー北海道でしか売れんだろ・・・
    売れたとしてもすぐ手放す人が続出しそう

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー