スズキが新型「ハスラー」発表! 丸目“軽ワゴン”何が変わった? 斬新「ブラック顔」も登場! どんな人が買う? 

2024年5月24日、スズキは「ハスラー」を一部仕様変更するとともに、新たに「ハスラータフワイルド」を設定し、発売しました。独特なデザインを特徴とするハスラーですが、どのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

軽SUV!アクティブな「ハスラー」とはどんなクルマ?

 スズキは2024年5月24日、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更し、発売しました。
 
 また、「ハスラータフワイルド」も新設定し、同日より発売をしています。
 
 独特なデザインを特徴とするハスラーですが、どのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

顔が変わった! スズキが新型「ハスラー」初公開!
顔が変わった! スズキが新型「ハスラー」初公開!

 初代ハスラーは2014年1月に登場し、広い室内空間の軽ワゴンとSUVを融合させた全く新しいジャンルの軽クロスオーバーとして数多くのユーザーに親しまれてきました。

 現行となる2代目ハスラーは2020年1月に登場し、「もっと遊べる!もっとワクワク!!もっとアクティブな軽クロスオーバー」というコンセプトのもと開発されています。

 ひと目でハスラーとわかる個性的なデザインやアウトドアに向けた機能性やタフさが追求されました。

 エクステリアでは、特徴的な丸顔ヘッドランプとスクエア基調のグリルを受け継ぎながら、フードが持ち上げられ、厚みのあるフロントフェイスとなっています。

 また、立てたピラーとロングルーフによるスクエア型の大きなキャビンにより、力強さを感じさせます。

 さらに、インテリアでも遊び心やタフさを演出。3連インパネガーニッシュや、インパネとドアトリムに車体色に対応した3色のカラーパネルが採用されています。

 また、室内空間や荷室もさらに広く取られており、室内の快適性が向上しました。

 そして、スズキの新世代プラットフォームである「HEARTECT(ハーテクト)」や新開発のCVTを採用。走行性能や燃費性能が向上し、静粛性や高い剛性を発揮しています。

 ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mm、ホイールベース2460mmです。

 グレードはベーシックな「G」と上級仕様の「X」をラインナップ。Xグレードではルーフレールやアルミホイール、インパネのメッキ/ピアノブラックパネルなどが装備されています。

 それぞれでターボエンジンと自然吸気エンジン、FFと4WDが設定。

 今回の一部改良では、LEDヘッドランプが全車標準装備、「スズキコネクト」が全車対応となったほか、各グレードで機能性の向上が図られています。また、新色も追加されました。

 XではナノイーXが搭載フルオートエアコン、360°プレミアムUV&IRカットガラス、シートバックアッパーポケットなどが採用され、快適性が向上しています。

 さらに、Xグレードにはデザインも改良。

 エクステリアでは「HUSTLER」アルファベットエンブレムやメッキフォグランプガーニッシュ、メッキドアハンドルを採用。

 インテリアでも、ダークグレーのレザー調&ファブリックシート表皮やブラックパールのインパネカラーガーニッシュなどが採用され、質感が向上しています。

 Gグレードには、インテリアカラーに「オフブルー」「カーキベージュ」が追加されました。

 また、両グレードともに新色設定もされており、トーンカラーの新たな組み合わせとして、「バーミリオンオレンジ ソフトベージュ2トーン」と「アクティブイエロー ガンメタリック2トーン」が追加。

 モノトーンでは「ソフトベージュメタリック」が新たに設定され、全11パターンから選ぶことが可能となりました。

 今回仕様変更により、新色の設定や機能性が向上したハスラーですが、ユーザーからはどのような反響があるのでしょうか。

 また、どのようなユーザーがハスラーに興味を示しているのでしょうか。

 関東圏のスズキアリーナ担当者は次のように話します。

「新ハスラーについて、いくつか問い合わせがありました。

 メーカーとしてはアウトドア需要を特に想定しているようですが、実際には『単純にデザインが好み』という声が極めて多く、それを主な理由にして検討されるお客様が多い印象です。 

 今回の新色についても好評で、豊富なカラーから自分好みのものを選択できる点もハスラーの人気に繋がっていると思います。

 性別・世代問わずお問い合わせはありますが、『1人で乗るよりも家族・友人間の遊びで使いたい』という声が比較的多いです」

新たな「タフワイルド」も登場!
新たな「タフワイルド」も登場!

 また、関西圏のスズキアリーナ担当者は、次のように話します。

「普段使いされるお客様からのお問い合わせが多い印象です。

 また元々スズキのクルマに馴染みがあるお客様からもお問い合わせが多く、旧ハスラーやワゴンRからの代替購入を検討されているお客様が多いです。

 比較的年輩のお客様が主に家族用でワゴンRを検討されるのに対して、ハスラーは主に20代・30代の若いお客様が購入を検討されています。

 またセカンドカーとしての需要もあり、その場合は『妻の普段使い用にちょうどいい』という声もいただいております」

※ ※ ※

 今回仕様変更があったハスラーですが、日常利用やアクティブに使うことなど、さまざまなニーズがあるようです。

 同時に設定された「ハスラータフワイルド」はよりアクティブな印象で、さらにユーザーの需要を満たしてくれるモデルです。

 新ハスラー改良モデルの価格(消費税込)は、151万8000円から188万4300円です。なお、新タイプのタフワイルドは、176万円から197万2300円に設定されています。

【画像】「えっ…!」これが新しい顔の「新型ハスラー」です!(42枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー