300万円未満! 日産の新型「SUVミニバン」初公開! 自宅のような「車中泊仕様」! 全席フラット&オシャライトが素敵! ヴェヌーシア「VX6」中国での登場に反響アリ

日産の合弁会社「東風日産」が初公開した新型クロスオーバーEV「VX6」に反響が集まっています。いったいどのようなクルマで、どのような声が上がっているのでしょうか。

SUVミニバン「VX6」は内装もすごい

 日産の合弁会社「東風日産」が初公開した新型クロスオーバーEV「VX6」に反響が集まっています。
 
 いったいどのようなクルマで、どのような声が上がっているのでしょうか。

ヴェヌーシア新型「VX6」
ヴェヌーシア新型「VX6」

 今回の新型VX6は、日産と中国東風汽車との合弁会社「東風日産」が展開する、サブブランド「啓辰(ヴェヌーシア)」から発売するもの。

 ヴェヌーシアは東風日産が2010年に起ち上げたローカルブランドで、主に若者やファミリーに向けたラインナップを展開します。特徴としては、中国市場で需要の高い「立派に見えるデザイン」「広い室内」「低価格」を取り入れています。

「マーチ」「ティーダ」の姉妹車の展開ではじまったヴェヌーシアも、独自開発を進めていきます。そのなかのひとつが、今回の新型VX6です。

 ミニバンとSUVの性質をあわせもつクロスオーバーEVで、2列シート5人乗りの設計です。

 ボディサイズは全長4658mm×全幅1890mm×全高1656mm、ホイールベース2850mmです。

 パワートレインは、最高出力160kW(約218PS)・最大トルク275Nmを発揮するモーターで、前輪駆動。バッテリー容量は62kWhで、航続距離は現地基準で520kmとしています。

 エクステリアは、フロントもリアもライトユニットが水平ラインで全面に伸びるデザインを採用し、流麗な雰囲気を醸し出しています。

 ボディカラーは全7パターン(ツートーン含む)。グリーンは、近年中国で人気が高まっているカラーということで、さらにアクセントカラーとしてオレンジ色のラインが目を引きます。

 インテリアは、室内空間はモダンなリビングルームをイメージし、天井の大部分をガラス張りとしたことで圧倒的な開放感となっています。ペダルからテールゲートまでの長さは3109mmも確保されています。

 シートを全席倒すと、長さ2500mm×幅1500mmのフラットスペースが生まれ、車中泊に快適な空間になるのも特徴です。

 価格は12万8900元(約284万円)からです。

※ ※ ※

 この日常向けかつ意欲的な新型車「VX6」に対し、ネット上では「こういうのは良いかも」「うーんこんな感じの車日本でなかなか出ないよね。」「シトロエン風味」「全席フルフラットやばすぎ」「グッド」といった期待の声が。

 また「リーフはもはや古く、アリアは高過ぎる。とりあえずこれを日本で販売してみては」といった声も見られました。

 海外展開ではまずUAE(アラブ首長国連邦)で販売契約があるとのこと。中東展開が始まっていくものと思われます。日本での展開についてはまだ発表がありませんが、今後の動向に注目です。

【画像】超カッコイイ! 日産の新型「SUVミニバン」まずは画像で見る(画像)(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー