日産「新キャラバン」発表! “お手軽”「車中泊」仕様が超スゴイ! アンダー380万円で買える「マルチベッド」とは

日産の商用バン「キャラバン」純正カスタムカー「キャラバン マルチベッド」は、手軽に車中泊を楽しめるモデルだといいます。どのようなクルマなのか、詳しく解説します。

「車中泊が気になる」ユーザーにど真ん中な「キャラバン マルチベッド」

 2024年5月15日、日産は商用バンシリーズ「キャラバン」を一部改良しました。同時に、関連会社の日産モータースポーツ&カスタマイズが手がける純正カスタムカーシリーズも一部改良をおこなっています。
 
 そんな新型キャラバンの純正カスタムカーシリーズのなかでも、「車中泊」をしてみたいユーザーにオススメなのが「キャラバン マルチベッド」です。どのような特徴があるのでしょうか。

めちゃ広い! 日産「キャラバン」のお手軽車中泊仕様「キャラバン マルチベッド」[※写真は一部改良前のモデル]
めちゃ広い! 日産「キャラバン」のお手軽車中泊仕様「キャラバン マルチベッド」[※写真は一部改良前のモデル]

 1973年に発売を開始したワンボックス型の商用車であるキャラバンは、2012年登場の現行型で5代目(E26型)となります。

 従来以上に荷室の使い勝手に配慮し、ライバルのトヨタ「ハイエース」をしのぐクラスNo.1の広さを誇るほか、堂々としたスタイリングや、いち早く搭載された先進安全機能なども特徴です。

 当初は「NV350キャラバン」の車名に変更されていましたが、2021年に実施されたマイナーチェンジで再びキャラバンの車名に戻り、デビューからおよそ50年が経過しています。

 そんなキャラバンは、業務用途の法人ユーザーに加え、趣味のツールなどをたくさん積む個人ユーザーからも幅広く支持を集めており、なかでも近年は、広い室内を活用し「車中泊」を楽しむユーザーも増えているといいます。

 日産はこうした需要にいち早く対応し、2020年に標準幅・標準ルーフの上級グレードをベースにした「キャラバン マルチベッド」を設定しました。

 4ナンバーサイズの扱いやすいボディや広大な荷室部の積載性はそのままに、左右跳ね上げ式のベッドシステムと硬質なフロアパネルを備えた車中泊仕様です。

 後席(2列目シート)を起こした状態のベッドサイズは長さ1760mm×幅1510mm(最大)で、ベッドマットの厚みは50mmとなっています。

 大人2名が就寝可能で、後席を前倒しすればさらに荷室長は広がるので、長身の人でも安心です。

 またベッド下はおよそ350mmの高さがあり、大きな荷物も収納できるので、就寝時にわざわざ荷物を移動する手間もいりません。

 今回の一部改良では、法規の変更に伴う適合を図るとともに、ルームミラーへ投影されるバックビューモニターを一部グレードに設定したほか、「インテリジェント ルームミラー」を通常のミラーモードで使う際にも、後方の映像がミラー左側に映し出されるようにしたことで、後方の状況を確認しやすくしました。

 加えて、ボディカラーに新色「ディープフォレスト」「ディープオーシャンブルー」を設定しています。

 新型キャラバン マルチベッドの販売価格(消費税込み)は、373万8900円から490万6000円です。

【画像】めちゃ広い! 日産「新型“お手軽”車中泊バン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー