ホンダ新型「軽バン」6月発表! 斬新2人乗り×真っ黒テールに注目!? 実車展示続々、7月にも

2024年7月17日-19日に開催される「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」にホンダは新型「N-VAN e:」を展示します。

 ホンダが2024年6月に発表する「N-VAN e:(エヌバン イー)」。
 
 発売は同年秋を予定していますが、2024年7月17日-19日に開催される「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」にも展示予定です。

ホンダ新型「N-VAN e:」とは
ホンダ新型「N-VAN e:」とは

 ホンダの軽商用バン「N-VAN」をベースとするN-VAN e:。

 エクステリアは、従来のN-VANのデザインを踏襲しつつ、ホンダ車の廃棄バンパーをリサイクルした「バンパーリサイクル材」をフロントグリルなどに使用するなど、環境負荷ゼロ社会実現に向けた取り組みも。

 インテリアは、運転手が運転しやすいようにシフトポジションスイッチやエアコン操作部などの機能を運転席側に集中配置。

 さらに使いやすいスクエアな空間やニーズに合わせてフレキシブルに使える収納など、商用車としての積載性や空間価値を変わらず持っています。

 またEV(電気自動車)となったN-VAN e:では、荷室のフロア下に搭載するバッテリーを薄型化し、床はフラットで低く、天井は高くすることで、広く大容量な荷室空間を実現。

 また、助手席から後席までフラットにすることで、長尺の荷物を積むことが可能です。

 パワートレインは電動アクスルの小型化、大容量かつ薄型化したバッテリーの採用、高電圧部品の集中配置により、商用車に必要な荷室空間と実用航続距離を確保。エアコンの消費電力を抑え、実用航続距離の延長に寄与するECONモードを設定しています。

 配送業務に十分対応する航続距離としてWLTCモードで210km以上を目標に開発していると言います。

 このパワートレインにより、EVならではのスムーズな走りだし、荷物の重さを感じさせないパワフルさ、低重心化による走行安定性を実現。

 なおグレードは、「e:L2」「e:L4」「e: FUN」を設定しています。

 それぞれの特徴としてe:L2は、前後2人乗りとなるタンデム仕様。低床化と積載性の向上を図ったシンプルなモデルで、ホンダの新車オンラインストア「Honda ON」限定での取り扱いです。

 スタンダードモデルとなるe:L4は、車線維持支援システム「LKAS」やアダプティブクルーズコントロールなどの先進運転支援「ホンダ センシング」や、マルチインフォメーションディスプレイ、電動格納ミラーを標準装備します。

 最上級モデルとなるe:FUNでは、フルLEDヘッドライトやリアシートヘッドレスト、急速充電ポートを標準装備するほか、インテリアカラーは唯一アイボリーとなっています。

※ ※ ※

 なおN-VAN e:は、これまでも様々なイベントで展示されており、どの会場でも注目を集めていました。

 今後正式発表されるにあたり、その注目度はさらに高まるかもしれません。

【画像】「えっ…!」これが斬新2トーンの新型「N-VAN e:」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー