まるで「新プリウスSUV」が世界初公開!? 斬新サメ顔の新型「ファミリーSUV」も! 「超静音“bZ3”シリーズ」北京で発表に「日本でも欲しい」の声も

2024年4月26日、トヨタは中国「北京国際モーターショー」で、BEV(バッテリーEV:電気自動車)の新型「bZ3C」「bZ3X」を世界初公開しました。現地で1年以内の発売が予定される2モデルに対し、早くも反響の声が集まっています。

明確に異なる2つの新型SUVに「期待大」!

 トヨタは2024年4月26日、中国「第18回 北京国際モーターショー(Auto China 2024:以下、北京ショー)」で新型「bZ3C」「bZ3X」の2モデルを世界初公開しました。
 
 今後1年以内に中国での発売を予定しているという新型モデルに対し、SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

世界初公開された斬新SUV!トヨタ 新型「bZ3C」
世界初公開された斬新SUV!トヨタ 新型「bZ3C」

 今回北京ショーで発表された2モデルは、ともにBEV(バッテリーEV:電気自動車)の新型車。2023年の上海国際モーターショーにコンセプトカーとして発表された「bZ Sport Crossover Concept」「bZ FlexSpace Concept」をベースに、量産化に向けアップグレードを行ったモデルです。

 北京ショーのプレスカンファレンスに登壇したトヨタ副社長・Chief Technology Officerの中嶋 裕樹氏は、次のように話します。

「中国のお客様が笑顔になるBEVとは何か。このテーマを中国のパートナーとともに探求し、送り出すのが『bZ3C』と『bZ3X』です」

 そのうち新型bZ3Cは、トヨタとBYD TOYOTA EV TECHNOLOGY カンパニー(BTET)、一汽トヨタ、トヨタ知能電動車研究開発センター(中国・IEM)が共同開発したクロスオーバーSUV。

 そして新型bZ3Xは、トヨタと広州汽車、広汽トヨタ、IEMの共同開発によるファミリー向けSUVです。

 共に現地の法人との共同開発によりつくられるSUVタイプながら、クーペSUV風のスタイリッシュな新型bZ3Cと、空間効率の高そうなスタイルを持つ新型bZ3Xとで、明確にキャラクターが分けられていることが、内外装の姿からも伝わります。

 詳細のスペックなどは明らかにされていませんが、どちらも最新の運転支援システム、スマートコックピットを搭載し、安全で快適なドライブに加え、新しい体験価値を提供するといいます。

※ ※ ※

 中国・北京で世界初公開された新型bZ3C/bZ3Xに対し、SNSなどでは早くも反響の声が集まっています。

 多かったのは「現実的なデザイン」「(EVは)未来的なイメージあるけど、良い意味で普通になった」「まるでプリウスSUV」などの声でした。

 そのリアル感からか、「日本でも売るのかなあ」「ちょっと気になる」など、今すぐにも購入できそうというイメージがわいている人も見られました。

 一方で日本向けの新型BEVに対し「これとはまったく違うのが来るのか?」「(国内)独自開発のモデルもたのしみ」などと新たな期待を寄せているコメントもありました。

 トヨタの新型BEVの次なる一手も待たれるところです。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「新型SUV」2モデルを画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. C-HRだわ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー