マツダ新型「SUV」世界初公開! 進化した“魂動デザイン”に「カッコよすぎる!」と反響!? 25年に中国で発売

マツダのSUVコンセプトカーとして新型「マツダ・アラタ」が「北京モーターショー2024」で世界初公開されました。このモデルについて、どのような反響があったのでしょうか。

新しいフロントデザインがいい!

 マツダと中国・長安汽車の合弁会社である長安マツダは2024年4月25日、同日より開催された「北京国際モーターショー2024」で、新型SUVのコンセプトモデル「MAZDA 創 ARATA(マツダ・アラタ)」を世界初公開しました。
 
 2023年4月にマツダは、長安汽車と共同開発した新型モデルを2025年末までに2車種投入することを発表。今回初公開された新型マツダ・アラタはこの内の第2弾モデルとして、2025年中に中国市場に導入される予定です。

マツダのSUVコンセプト「MAZDA ARATA(マツダ・アラタ)」
マツダのSUVコンセプト「MAZDA ARATA(マツダ・アラタ)」

 この新型マツダ・アラタはバッテリーとモーターを搭載し、電気の力で駆動する電動車です。

 急速にクルマの電動化が進む中国において、より多くのユーザーに選ばれる魅力的な存在となり、未来のマツダを支えるラインナップのひとつとされています。

 新型マツダ・アラタのデザインテーマは、「SOULFUL + FUTURISTIC × MODERN」。新エネルギー車による新しい生活様式をイメージさせるような未来的でモダンな造形を、マツダデザインが追い求める「動くことへの感動」や「魂動デザイン特有の生命感」を融合させながら具現化したといいます。

 サイドビューは、分厚いドア断面と4つのタイヤにしっかりとトラクションがかかる立体構成とし、魂動デザインらしい力強いダイナミックな造形を表現。また、2つのウイングが重なった「クロスウイング」のリアコンビランプ採用により、新しいマツダブランドを訴求します。

 また、ボンネット先端部やフロントバンパー両端、Dピラー内側などに空気の通り道を設定。空力特性の向上とともに、近未来的なスタイリングを実現しました。

 現時点で車両のスペックや日本でも発売されるのかといった情報は明らかになっていませんが、新型マツダ・アラタについてSNSなどではさまざまな反響が見受けられます。

「クルマはこういったシンプルなデザインで良いんだよ」「やっぱデザインうまいね」「かっこよすぎるやろ!」「新しいグリル良いね。ガソリン車にも転用できそうなので、マツダの顔として広がるのを期待する」など、新たな方向性へと進化した魂動デザインが好評のようです。

 さらに、「MAZDA3のSUV版って感じのデザインですね」「次期CX-30なのかねぇ」「立ち位置的にはMX-30の後継では」「中国だし、CX-5よりむしろCX-4の後継?」「あれ明らかにCX-20だよね?」など、新型マツダ・アラタは既存車の後継モデルなのか、もしくは新規車種となるのか、さまざまな予想が繰り広げられています。

※ ※ ※

 北京モーターショー2024では新型マツダ・アラタとともに、セダンタイプの「EZ-6(イージーシックス)」もお披露目されています。

 新型EZ-6は新型電動車(新エネルギー車)の第1弾として、中国市場で2024年中に発売される予定です。

【画像】「えっ…!」カッコいい! これがマツダの「新型SUV」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー