首都高にある「謎の空間」何のため? 近くには「東京駅」 ポツンと存在する「八重洲線の施設」どうなってる?

東京周辺には首都高速道路が存在します。多くの出入口があるなかで、人だけが通れる場所も。そこはどのようなトコロなのでしょうか。

八重洲線にある謎の空間とは

 日本全国を結ぶ高速道路。東京周辺には首都高速道路(首都高)が存在します。
 
 都内に張り巡らされた首都高には、多くの分岐点や出入口がありますが、中にはあまり知られていないかつ「人が降りることしかできない」という謎の場所が存在します。

知る人ぞ知る「八重洲乗客降り口」は、首都高八重洲線に存在する
知る人ぞ知る「八重洲乗客降り口」は、首都高八重洲線に存在する

 基本的に首都高から出るにはクルマであれば、各所に設置されている出口から一般道路に降りることになります。

 しかし、一部では人だけが通れる場所も存在。

 そのひとつは、首都高・6号線三郷線(上り)にある「八潮PA」となり、ここは一般道からPA内の店舗を利用するために歩行者用の出入口が用意されています。

 対して、東名高速道路から首都高・3号渋谷線に繋がる用賀料金所に併設される「用賀PA」は、人が出ることは可能な場所です。

 ここはPA施設内の階段を降りていくと田園都市線・用賀駅周辺に出ることが可能となっています。

 東名高速道路から渋谷3号線は渋滞が頻繁にあることや、都心ではなく世田谷区周辺に住んでいるなどの場合にここで降りる人がいます。

 なお防犯上などから地上から用賀PAに行くことは出来ません。

 八潮と用賀は、PA内の施設に繋がる場所ですが、その他にも東京駅に直結している場所もあります。

 それは首都高速・八重洲線にある「八重洲乗客降り口」です。

「首都高速八重洲線」は、都心環状線外回りからは神田橋JCT、内回りでは汐留JCTと西銀座JCTから行けるほぼ全線が地下路線となっています。

 そして、人を降ろすための降車口となる「八重洲乗客降り口」は、八重洲線の上り・下りどちらにも設けられています。

 その場所は、タクシー乗り場のようなカタチとなっており、「八重洲地下街」に続く扉のみがあるという空間です。
 
 東京駅の地下にある「八重洲地下街」は、1960年代に開業した都内でも最大級の売場面積を誇る場所となっており、そのまま東京駅にも接続されています。

【画像】「えっ…!」はいっちゃダメ! 謎の空間を画像で見る!(28枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー