トヨタ「クラウン“オープン”」実車公開! 世界に一つだけの”エレガント”モデル! “完全復活”遂げた「爆レア」仕様とは

約半世紀前に発売されたトヨタ「クラウン」の、さらに激レアなオープンカー仕様が幕張メッセで展示され、注目を集めました。いったいどんなクルマなのでしょうか。

世界に一つだけのオープンカー仕様

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催の「AUTOMOBILE COUNCIL 2024(オートモビルカウンシル2024)」(4月12日~14日)では、ヘリテージカー販売店からも計90台近い出展が行われ、往年の名車などレア車が参加者の目を引いていました。
 
 そのなかで、約半世紀前に発売されたトヨタ「クラウン」の、さらにオープンカー仕様が展示され、注目を集めました。いったいどんなクルマなのでしょうか。

3代目クラウンの激レアオープンカー仕様
3代目クラウンの激レアオープンカー仕様

 クラウンはトヨタの中でも長い歴史を持つクルマで、初代モデルの発売はなんと1955年までさかのぼります。その後、約70年にわたる年月を経て進化を遂げ、2022年7月には16代目となる新型クラウンシリーズが登場しています。

 今回展示されたのは、1967年に登場した3代目クラウンの「4ドアセダンスーパーデラックス」仕様の、1969年マイナーチェンジモデルをさらに「オープンカー仕様」にしたもので、1970年式となっています。

 3代目クラウンは、商用車のイメージが強かったブランドを一新。その象徴が「白ボディ」でした。黒塗りで「VIP向け」な重厚さがあったクラウンに、一般ユーザーを希求した自家用車の親しみやすさを与えることで、さらなる人気を獲得。「日本の美」がコンセプトとして設計され、低重心かつ全長を伸ばしたデザインが採用されています。

 その3代目クラウンの「オープンカー仕様」というのは、オーナーである「Wolf Racing」の説明によると「おそらくこのモデルのクラウンではこの一台だけ」という、レア中のレアな逸品。もともと「三井財閥関係の社長」が所有していたとか。特別オーダーで製造され、社用車かつ、相撲の優勝パレードにも使われたことがあるといいます。

 やはり白に身を包んだエレガントな姿で、元々の低重心に加えてオープン化したことからさらにスポーティな印象も高まっています。

ボディサイズは長さ4580mm×幅1690mm×高さ1420mm。排気量は1980ccです。

 Wolf Racingの会長がこの特別車に「一目惚れし、頼み込んで」入手。今に至るそうです。エンジンや足回りは「徹底的にレストア」され、ピストンやコンロッドメタル、シリンダーライナーも交換されて、まさに「新車時以上に絶好調に仕上がった最高の一台」だとしています。

【画像】超カッコいい!? これが爆レア「クラウンオープンカー仕様」の実車です(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 6行目から始まる記載について「?」を感じる部分があります。
    三代目クラウンには2ドアハードトップが設定されていました。マイナーチェンジ後に追加されたバージョンに「スーパーデラックス」がセダン及びハードトップに設定されていました。自分も4月13日現地にて現物を確認、併せて福田代表ともやり取りをこの車両について言葉を交わしました。当時、設定されていた「2ドアハードトップ スーパーデラックス」を三井グループの大物のリクエストにトヨタ自動車が応えグループ内特装車制作部門にて作られた「ワンオフモデル」と判断しました。なお、エンジンはM型シングルキャブ仕様でした。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー