新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露

GAKUYAは「オートモビルカウンシル2024」に「ID.Buzz」を出展しました。どのようなクルマなのでしょうか

現代に蘇った「ワーゲンバス」 実車が公開

 GAKUYA(ガクヤ)は、2024年4月12日から3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」(オートモビルカウンシル2024)に出展しました。
 
 ブースでは、フォルクスワーゲン(以下VW)の新型EV「ID.Buzz」(以下IDバズ)が展示されています。

未導入の「ID.Buzz」 いち早く登場
未導入の「ID.Buzz」 いち早く登場

 ガクヤは大阪府東大阪市のVW車専門店で、旧モデルから最新モデルのトランスポーターをメインに扱っています。

 今回ガクヤがオートモビルカウンシル2024の会場で披露したIDバズは、2022年3月に発表された欧州初のフルEVのMPV(マルチパーパスビークル・いわゆるミニバン)です。

 通常の乗用タイプに加えて商用タイプの「IDバズ カーゴ」もラインナップされ、一部地域ではホイールベースを延長したロングモデルも設定されています。

 エクステリアは、1950年代から量産後、日本でも「ワーゲンバス」という愛称で親しまれている「タイプ2」バンの要素が取り入れられ、次世代EVとしてVWブランドのイメージメーカーの役割を持つと言います。

 極端に短いオーバーハングや、2トーンカラーで上下分割されたスタイルなど、ワーゲンバスの特徴をそのまま受け継ぎつつも、空気抵抗を抑えて空力に配慮したほか、前後のランプを横長のLEDランプとすることで、タイプ2の面影と低電力を両立しています。

 一方で、インテリアは最新のデザインとなっており、水平基調のインパネにコンパクトな液晶メーターと、大型のインフォテイメントディスプレイを組み合わせ、デジタライズされモンダンな印象を与えています。

 各トリムには動物由来のレザーではなく、再生ペットボトルやプラスチックを使用するなど、持続可能性にも配慮されました。

 ボディサイズは全長4712mm×全幅1985mm×全高1937-1938mm、ホイールベースは2988mmです。

 プラットフォームにはEV車専用「MEB」を採用し、パワーユニットには150kW電動モーターをリアに搭載。これに77kWhのバッテリーを組み合わせ、後続可能距離はIDバズで約421km(WLTPモード)を確保しました。

 ホイールベースを250mm延ばしたロングモデルでは、全長も4962mmと延長し、パワーユニットも210kW、バッテリー容量も85kWhへと容量をアップしています。

 今回ガクヤが展示したのはIDバズ カーゴで、同社のデモカーだと言います。

 ラゲッジスペースは長さ2208mm×幅1732mm×高さ1279mmで、欧州で使用されている1200mm×800mm大の「ユーロパレット」を横に2つ積載できるスペースを持ちます。

 エクステリア上では乗用タイプと大きな違いはありませんが、テールゲートは観音開きとなっているほか、リアドアやクオーターにはウインドウがないことが特徴です。

※ ※ ※

 なお、VWでは2023年3月にIDバズの国内投入をアナウンスしており、2024年末以降に発売される予定です。詳細スペックや価格などは、発売時期が近づくにつれてアナウンスされると見られます。

【画像】超カッコイイ! これが「新型ワーゲンバス」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー